ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(221)
(145)
(127)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2018年 06月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40
蕎麦部きものフリーマーケット..
at 2017-11-06 11:35
蕎麦部きものフリーマーケット..
at 2017-10-22 11:52

画像一覧

タグ:歳時記 ( 79 ) タグの人気記事

麋角解 さわしかのつのおる

c0195134_22564314.jpg

今年も残すところ、あと5日となりました。
季節のうつろいをあらわす七十二候では、今日あたりは「麋角解」。大鹿の角が抜け落ちるころ。というそうです。

それにしても、鹿の角ってどういう瞬間に抜け落ちるんでしょうか? 子どもの頃の乳歯がぽろっと落ちるような感じ? それにしても角は大きいし。気になるところです。

写真は、春日大社の鹿さん。お互いかゆいところをほじほじしあっているようです。
あー年賀状まだやってません(汗)!!
[PR]
by rojiuratanken | 2016-12-27 09:33 | 歳時記

日本語をあらためて

c0195134_1035366.jpg

最近、時間があると取り出して読んでいるのが歳時記。
ページをめくるたびに、日本の豊かな自然、その自然を描写した美しい言葉の数々にあらためて日本語の美しさを感じています。

c0195134_10103715.jpg
例えば、11月の秋から冬の訪れを感じる季節では、秋冷、秋時雨、露の秋、露の玉、露時雨、つるべ落とし、松風の声、野ざらし、乱れ草、などなど。
その言葉の響きだけでも、日本の四季のうつろいを感じて、うっとりとしてしまいます。

こちらの歳時記(日本大歳時記・講談社・昭和56年版)には、挿絵や季節の風物詩等の写真もたっぷりと掲載。言葉だけはなく目でも楽しめるのです。

c0195134_10191894.jpg


挿絵の浮世絵では、歌川国貞の「はつ雪」を描いたもの(雪でも裸足!)や鈴木春信の「あやとり」(お炬燵にかけているたらーんとかけている振袖がかわいい)などなど。

あータイムスリップできたなら、お江戸の世界に行ってみたい! と歳時記をみながら妄想にひたっているのであります。

c0195134_10234680.jpg


ちなみに、こちらは全巻そろってヤフオクで1000円。
こんなに豪華で内容充実なのに。。。。安すぎる。。たくさん出品されていますので、ご興味ある方はぜひ。
 
[PR]
by rojiuratanken | 2016-11-18 10:16 | 日々

七夕 今年も梶の葉で

c0195134_14412799.jpg

c0195134_14461918.jpg
今年も七夕の願い事を梶の葉に記してみました。

七夕には、織姫にちなんでお裁縫の上達を祈ることもありますが、技芸上達もそのひとつ。ということで、今年は2年前からお稽古をはじめた小唄の上達をお祈りしました。7月には友人の発表会にも参加。うまくいきますよーに♪

c0195134_14552646.jpg

リビングの壁に飾って祈願! このカタチみてるだけでもきれいだなー。

梶の葉は、東京でもいろんなところで目にしますが、今年は、不忍池周辺で採取。蓮の葉がわさわさ~! 花も見ごろをむかえはじめましたよ。

c0195134_1456136.jpg







※関連ブログ
梶の葉に願い事
梶の葉と七夕


[PR]
by rojiuratanken | 2016-07-08 15:02 | 歳時記

綿柎開(わたのはなしべひらく)

c0195134_9475391.jpg

c0195134_9552282.jpg


今日は、七十二候の「綿柎開(めんぷひらく)」。
綿の花を包む萼(がく)が開きはじめる頃とのことをいいます。

我が家の木綿は、まだまだ伸び盛り。気がつくと、私の身長よりも伸びてしまったので、摘心をして玄関に飾ってみました。

これから、どんどん枝葉を伸ばしてくれるといいなー。
[PR]
by rojiuratanken | 2015-08-23 09:38 | 園芸

菊まつり

c0195134_901638.jpg

c0195134_904513.jpg
「菊まつり」といえば、小さい頃、庭園や遊園地で開催されていた『菊人形展』を思い出します。テレビのアナウンサーが「今年の菊まつりは、大河ドラマのを題材に主人公の義経と弁慶の様子を描いた。。。。」なんていう解説を聞くたびに、なぜ、わざわざ「菊」を人形に? とツッコミをいれていましたが、こうして見事に咲く菊を前にしてみると、素直に「美しい!! 」と思わずにはいられません。

c0195134_9141067.jpg
仏花のイメージが強かった菊ですが、着物をはじめてから、菊のデザインの多様さにふれ親しみを感じるようになりました。 特に帯には、菊まつりで見かけるようなモリモリっとした菊が、のびのびとそしてゴージャスに描かれたものが多くとても魅力的です。

右横は『古民藝もりた』さんでみつけた古布。この菊は、かなり控えめなデザインですが、いつか帯にできたらいいなーと思っています。
[PR]
by rojiuratanken | 2014-11-15 09:23 | 歳時記

一の酉へ

c0195134_9584131.jpg

c0195134_100278.jpg
昨晩は、ご近所にある大鳥神社の酉の市へ。
ふだんは、こじんまりとした商店街には、露店がずらりと並んで大賑わい! イカの焼ける匂いに焼きそばの香り、射的を楽しむ親子連れに、綿あめを並んで食べるキッズたち。昔も今もかわらないんだな~。
お参りをした後は、神社でお神酒をいただいて、生姜たっぷりの甘酒を一杯。
心も体もあったかーくなった一夜でした。

※参考ブログ 浅草酉の市の八つ頭はこちら
[PR]
by rojiuratanken | 2014-11-11 10:10 | 歳時記

雑司ヶ谷霊園の花屋さん

c0195134_934410.jpg

c0195134_935653.jpg

お盆を過ぎると、暑い日が続くものの、つくつくほうしが鳴いていたりと、秋の気配を感じるようになりました。
ちょうど、お盆の最終日に雑司ヶ谷霊園の近くを通ったところ、昔のたたずまいを感じるお花屋さんをみつけました。志のぶ亭さんのガラスの引き戸は昔のものらしく、ちょっとゆらいだ感じ。2軒とも店先には井戸ポンプがありお参り用の桶の水として使われているようです

c0195134_9512219.jpg

雑司ヶ谷霊園といえば、夏目漱石、泉鏡花、竹久夢二といった著名人が眠る場所として有名ですが、最近では「墓マイラー」さんにも人気の場所だとか。

緑あふれる霊園で蝉の大合唱が流れる中、しばし休息のひとときでした!。
[PR]
by rojiuratanken | 2014-08-19 09:55 | 歳時記

浅草飯田屋さんの夏のれん

c0195134_2226466.jpg

夏の暑い日が続くと、訪れたくなるのがこちら、浅草どじょう料理の老舗『飯田屋』さん。
夏バテ気味の体にスタミナを! と訪れたところ、さっぱりとした白の麻のれんが出迎えてくれました。

冬に訪れた時は深みのある藍染めの暖簾でしたから、暖簾の色や素材を変えることによって、眼で季節を感じさせくれるなんて、さすが老舗の心くばりです。

c0195134_22352547.jpg
ほかにも、玄関先に吊るされたほおずきや夏だけ特別に作られる入口の日よけ、室内にはしつらえられた御簾障子と、夏の演出が随所に感じられます。

どじょう料理の美味しさはもちろんですが、夏になると行きたくなる! 気持ちになるのはこういった細やかな心配りなのかもしれません。
[PR]
by rojiuratanken | 2014-08-05 09:25 | 歳時記

梶の葉と七夕

c0195134_10595317.jpg


c0195134_1122717.jpg
昨日(2014/8/2)は、旧暦の七夕にあたる日。
そこで今年も梶の葉に願い事を書いて水に浮かべてみました。今年は、ご近所の方に譲っていただきとーっても大きな葉っぱをゲット! ありがたやーであります。

平安の昔からご神木として奉られ、諏訪大社のご神紋としても用いられている梶の葉。とっても不思議なかたちをしていますよね。人形(ひとがた)のようにもみえます。
この写真は、昨年、諏訪大社を訪れた時に撮影したもの。境内には、もちろん梶がたくさん植えられていました。

c0195134_1165559.jpg

c0195134_11101451.jpg










c0195134_11234987.jpg

境内では、梶の実も発見! 鮮やかなオレンジ色でひときわ目をひきます。

梶は成長がはやく、その昔、その樹皮を剥いで紙や布の原料として使われたといいます。七夕の願い事を書いた短冊も、もともとは、梶の葉であったのは紙の原料であったことによることに通じるようですし、織姫が針仕事や裁縫の上達を願ったことも、梶の葉が布の原料であったことに通じるようです。

梶の葉からみえてくる祈りの世界。葉っぱ一枚で、古代の人々とつながっていくような七夕の夜でした。

※関連ブログ
  2012年 梶の葉に願い事はこちら

[PR]
by rojiuratanken | 2014-08-03 11:30 | 歳時記

夏の風物詩 朝顔市へ

c0195134_923175.jpg

おそれいりや(入谷)の鬼子母神で知られる朝顔市。
東京の夏の風物詩として知られていますが、巣鴨の地蔵通り商店街でも開催されているということで、足を運んでみました!

c0195134_9275766.jpg
とげぬき地蔵で知られる真源寺さんの前にはこじんまりとした市がたっていました。
おじさんの袢纏は、もちろん朝顔の絵柄!

店前には、3~4色の苗をひと鉢植えた日本朝顔や最近緑のカーテンとして人気の沖縄原産の朝顔・宿根朝顔、花弁の中央から白いスジがある曜白朝顔、夕顔など色とりどりの鉢が並びます。

日本朝顔の中には、江戸時代から続く人気の色、茶色の花弁の「団十郎」という種類も。茶色の朝顔を好むなんて、いかにも渋好みの江戸っ子らしいですねー。

c0195134_9352432.jpg


おばあちゃんの原宿・巣鴨の朝顔市は、ちとゆっくりめ。朝早くではなくお日さまがのぼってからのお参りがオススメです。
[PR]
by rojiuratanken | 2014-07-11 09:41 | 歳時記