人気ブログランキング |


ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(222)
(145)
(128)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 06月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

BLOG移行のお知らせ
at 2019-03-18 20:20
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-02 14:52
七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40

画像一覧

<   2014年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

梅雨どきに活躍! 綿シルクの着物

c0195134_10455535.jpg

1年のうちでも、梅雨時の着物は、毎年のことながら頭を悩ませるもの。
いつもは、木綿や麻といったふだん着物が多い私ですが、今日はちょっとおしゃれして出かけたい。絹モノが着たいなという日もあるもので、しかしながら、梅雨時となると「いつ雨にあうかもしれない」ことがコーディネートの基準になります。

そんな時、活躍してくれているのが綿シルクの着物。

c0195134_10441430.jpg
綿シルクの良さは、絹のようなやわらかな質感でありながら「洗える」こと。やはりこの季節の着物は、「少しくらい濡れても大丈夫! 」と安心感があるだけで、着物でお出かけもぐんと楽になるというものです。

ちなみに私が着ている綿シルクは、絹60%綿40%の生地。襦袢としても販売されているので、生地としては軽やか。テロンとした風合いで少し薄地なため、単衣の絹モノと比べると、張り感はなく頼りなく感じるかもしれませんが、綿100%の着物や単衣の着物よりも涼しく感じられます。

木綿着物の「洗える」というメンテナンスのしやすさと、シルクの「やわらかさ」の質感をあわせもった綿シルクの着物。梅雨時には、特に心強い着物になっています。


★この季節は涼やかに博多の半幅帯をあわせて。三橋工房さんの型染めも出番の多い帯です。綿シルクのメーカーは小袖屋さん。
by rojiuratanken | 2014-06-27 11:03 | 着物

和綿育っています

c0195134_11184268.jpg



5月中旬に植えた和綿が、葉っぱを伸ばしはじめました。
木綿の成長は、最初はゆっくりゆっくり。
今は、土の中で根っこをしっかりと張っている時期なのだとか。










c0195134_1119829.jpg
一昨年からシルクラブで開催され、今年で3回目を迎える「いとなみの自然布展」。

今年は、「植物の力 人の知恵」と題して、沖縄の芭蕉布や丹後の藤布、遠州の葛布、羽越のしな布、木綿の手紡布、北海道のアッツシ織など、全国各地から自然布が集まります。
植物から生まれる自然布が一堂にみることができる貴重な機会。興味のある方は、ぜひ足をお運びください。
by rojiuratanken | 2014-06-26 11:31 | 園芸

夏野菜ぞくぞく

c0195134_11123670.jpg

c0195134_11124661.jpg
 
  夏野菜。ぞくぞく収穫ちう! です
by rojiuratanken | 2014-06-25 11:11 | 園芸

初夏の楽しみ 果実編

c0195134_1094840.jpg

c0195134_10351124.jpg
苗木を買ってから、ほぼ10年。
葉っぱはどんどん茂って、成長はするものの、ほっとんど実をつけなかった山葡萄が、今年は実をたわわにつけてくれました。秋には瑠璃色に輝いてくれるといいなー。

c0195134_10353028.jpg




オリーブも絶好調!一昨年に大剪定をしたお蔭でしょうか。今年は一気に実りました。
このままいくと、たくさん収穫できそう。はじめてのオリーブオイル作りに挑戦してみようかなと思っています。

友人からガーデニング用の名札をいただいたので、早速つけてみました。黄色がいいアクセントになって、ベランダがおしゃれになった感じ。ちょっとしたポイントがあるだけで、雰囲気ってかわるんですねー。
by rojiuratanken | 2014-06-20 09:09 | 園芸

初夏の楽しみ 野菜編

c0195134_9502510.jpg


c0195134_951454.jpg
ベランダのプランター野菜たちも、収穫をむかえています。
ミニトマトのアイコ(品種名)も真っ赤に成長!
しっかし、食べてみると渋ーいのなんのって。顔がおばあちゃんみたいになっちゃいました。
これは、水のやりすぎらしく、その後しおれるくらいに乾き気味にするとだいぶ甘い味に。ちょっとしたことが、大きいんだなー。

シシトウもどんどん実をつけて、お弁当のおかずとして活躍中!
採りたてのシシトウは、やわらかくって美味しいだな。

c0195134_9575374.jpg






はやくも緑のカーテンが完成にちかづいたゴーヤー。ワシワシ茂って、ものすごく元気です。
早朝から蜜蜂がやってきて忙しそう。

たくさん実もつけて。 収穫が楽しみです。

c0195134_9593831.jpg

by rojiuratanken | 2014-06-19 09:37 | 園芸

初夏の楽しみ 朝顔編

c0195134_9282423.jpg


c0195134_926432.jpg
初夏の陽射しが日に日に強くなるとともに、ベランダの植物たちも元気に育っています。

1週間ほど前から、毎朝、花を咲かせてくれているのが西洋朝顔のブルースター。
その名のとおり、青い星のような模様で、すっきりしとした姿が、とっても涼やか。清々しい朝を届けてくれます。
by rojiuratanken | 2014-06-18 09:37 | 園芸

昔ながらの箒屋さん

c0195134_10473684.jpg

昭和の香り漂う街、小岩。
先日は、やかん天国の金物店とのうれしい出合いがありましたが、昔ながらの手づくりの箒屋さんも残っていました。

ブルーの看板と雨戸が印象的な外観。看板好きとしては、「御座敷」という言葉にまずグイッとそそられるとともに、几帳面でやさしい感じの文字から、店主のほうきづくりへの誠意が伝わってきます。引き戸をガラガラっと開けて中に入ると、たくさんのホウキが壁にかけられていました。

出迎えてくれたのは、江戸川区指定無形文化財の新井克己さん。この道、60余年の新井さんが作るホウキは、大きく分けて2種類。ホウキモロコシとシュロを使ったホウキで、用途別に大きさはいろいろ。ほうきは、掃除機よりも軽くて持ちやすく、音も出ないホウキは、マンション暮らしが多い現代の暮らしでも見直されているそうです。

c0195134_117578.jpg
そういえば、うちにも手箒があったような。
ついつい掃除機やクイックルワイパーを使ってましたが、箒の存在をここで改めて認識!
まずは、家にある箒を使いこなすべしですね。

c0195134_119187.jpg
よく使っているのは、こちらのちっちゃな箒。洋服のほこりをおとしたり、布団干しの時にゴミをとったり。
生地も傷まずに、よくとれるので重宝していますよー。
by rojiuratanken | 2014-06-09 10:58 | 手仕事