人気ブログランキング |


ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(222)
(145)
(128)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 06月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

BLOG移行のお知らせ
at 2019-03-18 20:20
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-02 14:52
七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40

画像一覧

<   2014年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

長野のもめん玉飾り

c0195134_1481233.jpg

今月は、旧暦の小正月にあわせて、まゆ玉を飾っています。寒々とした冬の室内で、色とりどりのまゆ玉が揺れている姿は、まるで花が咲いたよう。一足先に春がやってきたようです。


c0195134_14231160.jpg
まゆ玉は、小正月に農作物や養蚕の豊作を祈って作られる日本各地に伝わる伝統行事です。

私の生まれた西日本では、まゆ玉は餅花ともいわれ、柳やみずきの枝に紅白のお餅をつけたものが一般的でしたが、お団子状のものや最中種で小判や繭をかたどった飾りがあることを知ったのは、友人である溝口政子さんの個展にお伺いしたことがきっかけでした。

つづく
by rojiuratanken | 2014-02-26 00:37 | 着物

春のひざし

c0195134_11193545.jpg

         やわらかい春の光。部屋に射し込む光もキラキラ。
         雪が降ったあとは、より輝きを感じます。

c0195134_1223365.jpg
        朝焼けもふんわりとした色になりました。
by rojiuratanken | 2014-02-16 11:25 | 日々

ヒヤシンス 今年は 咲きました。

c0195134_1665624.jpg

c0195134_169462.jpg
今年は、ヒヤシンスがきれいに咲いてくれました。

苦節〇年(笑)! 
ここ数年は、ずっと茎が伸びる前に咲き始めていましたが、日夜研究を重ね(冗談!)なんとか茎がのびきってから花が開いてくれました。

ポイントは、温度管理。室内は暖かすぎると、はやく花が咲き始めてしまいます。そのため、今年は、窓際に鉢を置き、日中は少し外気にあてたり、夜は窓とカーテンの間に鉢を置いて暖かくしすぎないように。

リビングにヒヤシンスのさわやかな香りが漂っています。
by rojiuratanken | 2014-02-14 16:34 | 園芸

雪とつぐみ

c0195134_13322710.jpg

c0195134_1347728.jpg
毎年、冬になるとやってくるツグミに今年も出会いました。
テケテケテケ♪ とアパートの芝生の上を小走りに歩きます。
つぐみは、群れることなくいつも一羽。
ぴんと姿勢よくたたずむ姿は、一人でいることが一番性に会ってるって感じです。

先日の雪は、本当にたくさん降りましたね。
我が家のベランダも、こんな感じに。こんな時、鳥たちはどこでお休みしているのでしょう?
by rojiuratanken | 2014-02-11 13:53 | 日々

アートな植栽

c0195134_14332532.jpg

c0195134_14364996.jpg
町歩きをしていて、家の軒先や路地に盆栽やサボテン、大きな鉢植えなどが置かれていてるとうれしくなる。
特に古い下町といわれるエリアにいくと、お菓子の缶かんや、ときには魚のトロ箱なんかを鉢植えにして植物を育てていて、また、それがどれも元気だったりして、スキップしたくなるほど楽しくなるのだ。

More
by rojiuratanken | 2014-02-08 15:12 | 建物

三河稲荷神社の初午へ

c0195134_2146891.jpg
ここ数年ほど東京での初午、なかでも地口行灯に興味をもって足を運んでおります。今年は本郷にある三河稲荷神社が、「本郷初午行灯まつり」を開催しているということで、早速足を運んできました。

こちらの神社は、三河という名前の通り、徳川家にゆかりのあるお社。神社は現在の愛知県、三州碧海郡上野庄稲荷山に鎮座していたと時に、徳川家康が稲荷山に陣を構え、勝利を得たことから、東京の末社として奉遷されたのだとか。

c0195134_21553894.jpg
幟の文字がちょっと字が小さくてみえませんが、平成19年に幟を新調しているところをみると、まだまだ氏子さん=街の古老たちが、健在な様子。

c0195134_2203329.jpg
c0195134_2212473.jpg
c0195134_223557.jpg














町内会の方々や地元の企業や商店が奉納した行灯が境内を囲むようにずらりと並んでいます。でも、あれれ? 地口行灯にはお決まりの赤と青の瓶垂れ霞と駄洒落の文句、駄洒落絵がありません。

行灯には、俳画や絵手紙のような絵が描かれ、季節を感じる俳句がそえられ、地口絵と比べると上品な趣があります。そういえば、お祭りは「行灯まつり」と称していましたっけ。

c0195134_22481614.jpg
神社の方に伺うと、こちらは、地口絵の職人さんではなく、ご近所や知り合いの方に頼んで行灯の絵を描いてもらっているそう。

行灯は、境内と近くの本郷大横丁通り商店街にも奉納されています。商店街を歩いてみると、通り沿いに欠けることなく店の名前が書かれた行灯が奉納されています。チェーン店ばかりが目立つ街では、こうはイキマセン。古くから続くお祭りを大事にする商店主が頑張っている元気な商店街なんだな~と、実現。 街ぐるみで初午をお祭りする様子が伝わってきますね。

行灯まつりは、2014/2/8まで開催。夕方~夜にかけては、行灯に火がともります。江戸の昔から続いてきた初午祭りをぜひ体感してみてください。

※住所 文京区本郷2-20-5

※都内で地口絵を奉納している初午まつりをブログにアップしています。
興味のある方は、右下のTags#:初午&地口行灯をクリックしてみてくださいね!
by rojiuratanken | 2014-02-03 22:15 | 歳時記

春の陽射しに

c0195134_14295233.jpg
もう咲いているかしらん? ぶらりと近くの梅園へ。
今年は、12月から真冬のような寒さだったせいでしょうか? まだまだ、固い蕾ばかり。
例年なら、もう散っているはずの蝋梅の花が、まだ花を咲かせていました。
あたり一面に広がる蝋梅の甘い香り。ん~、春だなー。


c0195134_1432510.jpg

c0195134_14325275.jpg

園内には、ビロードのような艶が美しいミツマタも。黄色い花が咲きますが、私はこの銀鼠の輝きをおびた蕾が好きです。
明日は、節分。明後日は、初午。まずはヒイラギの葉っぱを用意しなっくっちゃ!

c0195134_1443477.jpg

by rojiuratanken | 2014-02-01 14:28 | 日々