人気ブログランキング |


ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(222)
(145)
(128)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 06月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

BLOG移行のお知らせ
at 2019-03-18 20:20
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-02 14:52
七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40

画像一覧

<   2012年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

種田の地下足袋

c0195134_22201121.jpg

先日、スカイツリーでにぎわう押上界隈を歩いていたら、なんとも質実剛健な店構えの木造建築に遭遇しました。
『種田の足袋』という看板にひかれて、お邪魔してみたところ、店内には、煙管箱が置かれ、町火消の流れをくむ鳶職人さんたちから送られた木札がずらりとかかげられています。

さながら時代劇に出てきそうな雰囲気のこちらのこちらのお店、じつは一般の人が履く足袋店ではなく、地下足袋をはじめとした鳶装束の老舗とのこと。女将さんにお話をお聞きしたところ、こちらの地下足袋は、手縫いで作られているそうです。

続きを読む
by rojiuratanken | 2012-01-28 00:19 | 手仕事

旧暦にあわせて初詣

c0195134_19342086.jpg

c0195134_19383797.jpg
今日、2012年1月23日は、旧暦の元旦にあたる日ということで、
ご近所の北野神社にお参りしてきました。
境内のしだれ梅は、早咲きのためいちはやく春を感じさせてくれます。

おととい1/21(土)は、友人で着付け教室を主宰されているゆきゆきさんのイベント『着物姿の美しい撮られ方・撮り方講座』に参加させていただきました。

着物を着始めると、自分の着姿を残しておきたいものですし、せっかくの衣裳をきれいに撮られたい、撮りたいものです。きもの好きの方とお出かけした時などの写真を見返してみると、「あらら。。。足元ががに股に。体が反りすぎ~」なんてこともしょっちゅうです。

今回は、友人のフォトグラファーの小川玲子さんが、着物ならではの『撮られ方・撮り方』のコツを、伝授してくれました。

続き読む
by rojiuratanken | 2012-01-23 20:22 | 歳時記

初雪

c0195134_11293784.jpg

                 東京は、夜半から粉雪が舞っています
 
by rojiuratanken | 2012-01-20 11:36 | 日々

百椿図 椿をめぐる文雅の世界 in根津美術館

c0195134_1759512.jpg
根津美術館で開催中の『百椿図 椿をめぐる文雅の世界』へ行ってきました。

江戸時代は、お殿様や文化人の間で、変化朝顔をはじめとした園芸ブームが幾度となく起きていますが、椿はそのはしりだそう。今では存在しない珍しい品種の椿が数多く描かれています。

100種類以上もの椿が登場する「百椿図」は、その美しさに魅了されるとともに、花瓶や籠、扇や団扇、盃や茶碗、文箱や硯箱、鼓、色紙や冊子といったものまでを器に見立てた江戸時代のフラワーアレンジメントの豊かさに驚かされました。


c0195134_18315983.jpg
図録も素敵! 薄くて軽いのもうれしい(笑)

椿という文字は、木へんに春と書くように、まさに新春にふさわしい展示会でした。
あと1か月と少しすれば、東大寺のお水取りです。東大寺二月堂の本尊の前を飾る椿の造花「糊こぼし」も、実際にみてみたいものです。


c0195134_18375668.jpg
■ おまけ1
館内の庭園でみつけた、ちょっとかわいらしいもの。
「稲叢(いなむら)ぼっち」って言うんですって。もともとは、五穀豊穣を願って作られたもので、根津美術館では、寂しい冬の庭の彩として12~3月まで置いているそうですよ。

c0195134_18364255.jpg

■おまけ 2
根津美術館の街路樹に使われている竹林。この配色がいいな~! 思わずきもののデザインにどうかしら?! と思ってしまいました。これは、なんという竹の種類なのでしょう? ご存知の方、お教えくださいませ。

■おまけ3
友人から、椿の専門店『椿華園』さんのサイトを教えていただきました。
http://www.chinkaen.jp/index.html

見ていると、欲しくなります。カタログを取り寄せたくなります。
もう、ベランダは鉢がいっぱいなんですが・・・・・。
by rojiuratanken | 2012-01-17 08:30 | アート

銀座 くのやさんが閉店

残念ながら、和装小物の老舗、「銀座 くのや」さんが、2012年1月いっぱいで閉店されます。
詳細はこちらです。
http://tokyokimon.exblog.jp/14438317/
by rojiuratanken | 2012-01-16 17:42 | 着物

新しい針山で半衿つけ

c0195134_22231411.jpg

長年使ってきた針山を、新年を機に新しくしてみました。

年末に帰省したおり、地元の呉服店をのぞいてみたところ、店先にご主人手づくりの袋物や針山が並んでいました。大島や手織りの木綿などの端切れを使ったたくさんの針山の中から、紬の生地を使った針山を選んでみました。

針山には、珈琲を飲んだ後の残りかすを使っているそうです。よく、珈琲の残りかすを使うと、針がさびないといわれていますよね。私も以前作ったことがあったのですが、じつは針がさびてしまいました。そこで、ご主人に作り方をお聞きしたところ、「よ~く乾かす」のがポイントだそう。私の場合、完全に乾ききっていなかったのかもしれません。

きものを着るようになって、半衿つけなど、お針仕事をする機会がふえました。
苦手なお針仕事も、新しい針山で、楽しくなりそうです。
by rojiuratanken | 2012-01-12 09:58 | 着物

木綿きものに上っ張り

c0195134_14103685.jpg
3連休も明け、お正月気分も、そろそろ日常モードへとスイッチを切り替えねばなりません。

頭も体も始動!といきたいところですが、このたび人生ではじめて、腰痛になってしまいました。今まで、ちょっとした腰痛はありましたが、今回は、前屈ができません。あらら、腰痛って、こんなに辛いものなんだわ。と、実感。

とはいえ、何もしないわけにもいきません。そういえば、腰痛には着物がいい! ということで、さっそく、もめん着物に半幅帯、上っ張りを着てみました。

続きを読む
by rojiuratanken | 2012-01-11 09:00 | 着物

春の陽射し

c0195134_13465150.jpg

c0195134_13495539.jpg
   冬至を過ぎて、新年を迎えると、やわらかな陽射しにかわります。
   朝焼けも、昼の日差しも、夕焼けも。
   空を見るだけで、新しい年が、はじまったんだな~って。
   清々しい気持ちになります。

   木蓮も、固い蕾にふさふさの銀の毛皮をまとって春への準備。
   1日ごとに春の足音が聞こえてきます。
by rojiuratanken | 2012-01-09 13:46 | 日々

2012 本年もよろしくお願いします

c0195134_8361851.jpg

           
            本年もどうぞよろしくお願いいたします。 2012元旦
by rojiuratanken | 2012-01-01 09:00 | 日々