人気ブログランキング |


ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(222)
(145)
(128)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 06月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

BLOG移行のお知らせ
at 2019-03-18 20:20
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-02 14:52
七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40

画像一覧

<   2011年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2011年の終わりによせて

c0195134_20505960.jpg


今年もあっという間に、大晦日をむかえてしまいました。
2011年は、皆さまにとってどんな1年だったでしょうか?
私にとっては、多くの方々のご協力によって、『東京きもの案内』を出版し、たくさんのご縁をいただきました。改めて、皆さまにお礼申し上げるとともに感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、3月11日の東日本大震災。未曽有の被害が伝えられるたびに、自然の恐ろしさを感じるとともに、原発問題など、今まで私自身が気になっていながらも目をそらしていた問題に改めて、考えさせられることとなりました。

最近では、被災地の情報や原発への関心が薄れていく空気を感じていますが、今後の被災地の復興について、そしてエネルギー問題について、日々の暮らしに流されることなく、関心をもち続け、自分自身ができることを少しずつでも実行できればと思っています。

2011年最後のブログにのせる写真は、何にしよう? と考えた結果、2008年に公開された映画『ヤーチャイカ』のサントラCDをのせてみました。
この映画は、谷川俊太郎さんと、覚和歌子さんによる共同監督の写真映画です。
都会の生活に疲れた男(香川照之)が、恋人の死をきっかけに、とある町の天文台に勤めることになった女(尾野真千子←カーネーションの主役の女優さんですね)と出会い、2人の交流によって、お互いが再生していくという物語です。

映像と音楽のみの映画という一風変わった映画でしたが、そのぶん、映画で流れる音楽が心にダイレクトに響きました。


    もしこの星にうまれてきたら     僕はひとり歩いていく
    忘れてしまった自分を探して 懐かしい地平を超える

    森の記憶 海の夢 いつか いつか さかのぼる時

    ヤー ヤーチャイカ こちら かもめ 
    ヤー ヤーチャイカ こちら かもめ
    星々が生まれたところまで

     ヤー ヤーチャイカ 風よ 運べ
    ふるさとはここ ふるさとは宇宙


  震災でふるさとを離れざるをえなかった人々が、少しでも早く故郷へ戻れますように。
  そして、少しでもはやく、新しい暮らしに希望がもてるようになりますように。
by rojiuratanken | 2011-12-31 09:50 | 日々

浅草 羽子板市へ

c0195134_1652968.jpg

c0195134_1714226.jpg

毎年行きたいな~と思いつつも、なかなか訪れることができなかった浅草の羽子板市へ。

浅草寺の五重塔をぐるりと囲むように、いくつもの市がたっていました。露店に所せましと掛けられた羽子板。呼び込みの声。職人さんたちの揃いの袢纏姿。浅草には、季節の風物詩を感じる風景が残っています。

市の中には、羽子板の羽だけを売る露店も。羽を吊るして売っている姿がかわいいですね!(写真上)

c0195134_17172167.jpg



芸大生と羽子板職人さんとのコラボ羽子板も(写真右)。こんなユニークな羽子板が、どんどん作られると面白いな~。

c0195134_17303034.jpg

c0195134_1735749.jpg

浅草では、はやくも新年への準備がはじまっていました。
街のあちこちには、まゆ玉や縁起物の吊るし飾り。門松を家々に届ける庭師さんの姿も。

c0195134_1744931.jpg
c0195134_1744239.jpg

最後にとってもかわいかった今年の羽子板市のポスターを。
このポスターを見て、羽子板市へ行きたくなったのです。
年の瀬の忙しい中、「師走のほっ」をいただきました。
by rojiuratanken | 2011-12-22 17:36 | 歳時記

福を招くお守り菓子 北海道から沖縄まで

c0195134_1111320.jpg
友人のグラフィックデザイナー・溝口政子さんが、『福を招くお守り菓子 北海道から沖縄まで』を虎屋文庫の中山圭子さんと共著で出版されました。

和菓子の本といえば、老舗の和菓子や観光用のお土産品などが思い浮かびますが、本書では、地域の風土、信仰、生活に密接に結びついた「縁起菓子」「行事菓子」といわれるお菓子を紹介しています
例えば、占いの紙を餅種や煎餅に入れた「辻占菓子」といわれる占い菓子や、小正月に豊作を願い作られた「餅花」といわれるお祝い菓子、お釈迦さまの命日である涅槃会に作るお供え餅などなど。

本書出版のきっかけは、溝口さんのホームページ
いとおかし」でした。

More
by rojiuratanken | 2011-12-16 11:26 | 手仕事

ホキ美術館へ

c0195134_110736.jpg

c0195134_9481955.jpg
先週末は、千葉県土気(とけ)にあるホキ美術館
日本初の写実絵画専門美術館として開館後、ずっと訪れたいと思っていました。

ゆるやかなカーブを描いた館内は、真っ白な壁にやわらかな自然光がさしこみ、自然と観る者を作品へと導いてくれます。作品と鑑賞者の間には、柵もガラスもありません。絵の中に、素直にすっと自分の意識が入り込んでいく感覚。これは、今まで訪れた美術館ではあじわったことのない感覚であり、新鮮な驚きでした。

館内を出ると、美しい夕暮れが出迎えてくれました。
by rojiuratanken | 2011-12-16 01:30 | アート

冬に赤

c0195134_0522329.jpg

c0195134_053520.jpg
c0195134_7573327.jpg
  
            リビングにポインセチア
            ベランダにミニシクラメン
            冬には赤がほしくなります     
     
by rojiuratanken | 2011-12-14 01:12 | 園芸

皆既月食2011

c0195134_0333550.jpg

           冬の月がすき。
           キーンと冴えた夜空に浮かぶ月が好き
           今宵も宙(そら)をみあげる
           2011年12月10日 赤い月をじっとみつめる                      
by rojiuratanken | 2011-12-13 20:26 | 日々

染織iwasakiとekka 「ゆきかうものXIV」展と         やましたの布きれ展「冬ごもり」

c0195134_9205942.jpg

c0195134_9211226.jpg

高円寺のGALLER工で開催中(12/10まで)の
染織iwasakiとekka 「ゆきかうものXIV」展と
やましたの布きれ展「冬ごもり」へ。
富士山の麓で工房を営まれている「染織iwasaki」の岩崎さんご夫妻と「布きれ・やました」の山下枝梨子さんとの出会いは、今年、横浜の三溪園で催された『日本の夏じだく』展でした。

多くの出品者さんの中で、岩崎さんの作る布は、決して派手さはないけれど、ほっとするぬくもりにあふれていました。思わず手にとって、その風合い、色合いを感じたくなる布。岩崎さんのもとで、勉強された山下さんの作品からも、そのやさしさは伝わってきます。
展示会のお知らせをいただき、心がはずませながら、ギャラリーへ足を運びました。

More
by rojiuratanken | 2011-12-07 09:55 | 着物

月刊アレコレ「着る人委員会」の特別イベント

 先週、2011年12月4日に行われた月刊アレコレ主催・着る人委員会の特別イベント『2012年きものの元気を発信』にスタッフとしてお手伝いさせていただきました。

着る人委員会とは、「きものにとって、着る人にとって、好ましいきもの環境を作ろう」という主旨で作られた委員会。今年9月に、アレコレさんの呼びかけにより、150人もの会員が集まりました。

今回は、その委員会のはじめてのイベント。着る人と作る人(メーカー)、売る人(呉服店)が一堂に集まり、交流することで、これからのきもの環境をよりよくしていこうという、今までにない全く新しい試み!が行われました。

続きを読む
by rojiuratanken | 2011-12-06 23:27 | 着物

オリーブのリース

c0195134_1935261.jpg

          12月に入って、急に、冬らしい寒さになりましたね。
          今日は、玄関に飾るリースを作ってみました。
          山葡萄のつるをベースにオリーブの葉をあしらって。
          青い実はなんでしょう???
by rojiuratanken | 2011-12-02 19:41 | 園芸