人気ブログランキング |


ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(222)
(145)
(128)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 06月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

BLOG移行のお知らせ
at 2019-03-18 20:20
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-02 14:52
七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40

画像一覧

<   2009年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

秋の雲

c0195134_22564591.jpg
c0195134_22565531.jpg


c0195134_2257534.jpg
秋の雲を眺めてみました。

by rojiuratanken | 2009-10-30 23:06 | 日々

青首大根の収穫

c0195134_22431757.jpg
8月末に種まきした青首大根が、収穫の季節となりました。昨年は、肥料焼けして二又にわれてしまったのですが、今年はまっすぐ美人さんに育ってくれました。

c0195134_22401957.jpg








この新鮮な大根を使ったおすすめ調理法は、輪切りにした大根を少量のオリーブオイルを引いて表面を焦がす程度に焼くだけ。あとは、醤油をちょろりとかけて。大根の甘味と水分を感じる一品です。

by rojiuratanken | 2009-10-28 22:38 | 農園

美しの和紙展 inサントリー美術館

c0195134_21461598.jpg
六本木のサントリー美術館で開催されている『美しの和紙展』へ行ってきました。
ポスターの表紙に東大寺のお水取りで使われる「糊こぼし」の椿、が使われていることもあって、是非観に行きたいと思っていた展覧会でした。
造り花では糊こぼしのほか薬師寺の花会式や岩清水八幡宮の放生会での造花も展示されていると聞き興味しんしんです。



続きを読む
by rojiuratanken | 2009-10-26 21:43 | 手仕事

農園の秋景色

c0195134_16344531.jpg
秋冬野菜の植え付けも終わった農園は、すっかり秋景色。日が暮れるのもはやくなりました。

c0195134_16374865.jpg









c0195134_1638496.jpg


柿の実も色づきはじめています。


c0195134_16383319.jpg


樫の木のどんぐりもたくさん落ちて、屋根に当たっては「パチリ。パチリ」と音を立てています。
さて、このどんぐりの影、栗の形に見えませんか?


by rojiuratanken | 2009-10-23 16:34 | 農園

くっつき草の思い出

c0195134_16224249.jpg
アパートの庭で、くっつき草を発見!
本当の名前は知らないけれど、
小さい頃友達同士でじゃれあいながら、
セーターやカーディガンにつけて遊んだっけ。子どもの頃の懐かしい思い出。


by rojiuratanken | 2009-10-21 16:21 | 日々

鬼子母神の川口屋

c0195134_23155265.jpg
鬼子母神土産といえば、「すすきみみずく」が思い浮かびますが、江戸時代から参詣土産として知られていたのが「川口屋の飴」でした。今も駄菓子屋さんとして境内で商いをされています。

c0195134_23222855.jpg
静かな境内の中にひっそりと営業されていて、まるで昭和30年代にタイムスリップしたようなたたずまい。都内であることを忘れてしまいそう。


c0195134_23295345.jpg

昔懐かしい「梅ジャム」や「きなこ棒」「ふがし」などが並んでいます。お店の猫ちゃんもかわいいですよ。


by rojiuratanken | 2009-10-19 23:12 | 日々

鬼子母神のすすきみみずく

c0195134_22151814.jpg
毎年、10/16~18に鬼子母神では日蓮上人の法会であるお会式(おえしき)が行われます。華やかな万灯行列で知られ、秋には東京各地で行われていますが、鬼子母神では、池袋から万灯行列が練り歩き、境内では多くの露店でにぎわいます。


c0195134_22313795.jpg


鬼子母神名物といえば、やはり『すすきみみずく』。3年前にお会式に行ったのですが、露店では両側に子どもみみずくを抱いた「特製みみずく」も売られていました。
みみずくの耳が赤いのは、江戸時代に流行した疱瘡(天然痘除け)のためだとか。

c0195134_2345325.jpg


c0195134_2236585.jpg


江戸時代には、蝶々がついたみみずくや風車、麦わらの角兵衛獅子が鬼子母神のお土産として売られていたそうです。蝶々には、鬼子母神の神紋である「ザクロ」が描かれています。いつまでも、作りつづけて欲しい郷土玩具ですね。


鬼子母神内にある駄菓子屋さん・川口屋はこちら

by rojiuratanken | 2009-10-18 22:13 | 歳時記

染めのまち落合でスタンプラリー

10/17(土)・18(日)に落合で行われている『染めのまち落合・スタンプラリー2009』へ行ってきました。

c0195134_2353198.jpg
妙正川にそって西武新宿線の中井~落合にかけては、江戸小紋や更紗、友禅の工房、湯のし工場などが集る「染めのまち」として知られていますが、数年前から通常見る事のできない作り手の生の作業を直接目にすることができるこのイベントが行われています。



続きをよむ
by rojiuratanken | 2009-10-17 23:00 | 着物

ダリアの魅力

c0195134_2301542.jpg

ちっちゃなお店ながら、行くと必ず気に入ったお花がみつかる目白のお花屋さん。久しぶりに訪れると、大輪のダリアに目が吸い込まれました。
「このダリア綺麗だわ~」「そうなの。ちょっとかわった花を仕入れるのが好きなのよね。日持ちも悪くてすぐ駄目になっちゃうんだけど」なんて、女主人と立ち話。

ダリアって、小さい頃はその美しさと強さに恐さを感じたけれど、今はそれが魅力的でパワーをもらっています

by rojiuratanken | 2009-10-14 22:58 | 日々

オリーブの実がなりました

c0195134_2246986.jpg

5月に花を咲かせたオリーブの実が熟し始めました。
この季節は、小豆島のオリーブの新漬けが発売されます。この季節だけの旬の味は、若々しいオリーブのおいしさがつまった一品。東京の香川アンテナショップ「せとうち旬彩館」でも扱っていますよ。

by rojiuratanken | 2009-10-13 22:44 | 園芸