人気ブログランキング |


ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(222)
(145)
(128)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 06月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

BLOG移行のお知らせ
at 2019-03-18 20:20
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-02 14:52
七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40

画像一覧

<   2009年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

雨のち曇り 時々雪

c0195134_23505414.jpg


c0195134_23555389.jpg




肌寒い日々が続いた今週の東京。雪もチラつき、やっと冬らしい空気を感じた1週間でもありました。
明日は、晴れるかな。



by rojiuratanken | 2009-02-28 00:13 | 日々

谷中へび道

c0195134_23574592.jpg

谷中のへび道で、ベーグル屋さんを見つけました。他にも、手作り皮小物のお店やセミオーダーシャツのお店など肩ひじはらない個性的なお店がぽつりぽつり。くねくね道が曲っているので、歩く速度も自然とゆっくり、出会う風景も新しくなります。



More
by rojiuratanken | 2009-02-27 00:58 | 日々

ヒマラヤスギのY字路 -谷中

c0195134_011644.jpg
c0195134_022384.jpg

谷中を散策中、まさに理想的な
Y字路に出会いました。大きく羽を広げるように立っているヒマラヤスギ、木陰に寄りそうように建つパン屋さん。なんて素敵なんでしょう。


続きを読む
by rojiuratanken | 2009-02-26 01:18 | 日々

満開のミモザ -池之端で

c0195134_221333.jpg

ミモザの黄色がまぶしい季節に
なりました。


c0195134_22112574.jpg

by rojiuratanken | 2009-02-25 00:06 | 日々

早咲きの桜 -上野公園

c0195134_22111845.jpg
早咲きの桜があちらこちらで咲いていました。猫たちも日向ぼっこです。

c0195134_23531466.jpg
by rojiuratanken | 2009-02-24 00:09 | 日々

富士山の日

今日は「富士山の日」だそうです。いつかは、登ってみたいです。
c0195134_11253968.jpg

by rojiuratanken | 2009-02-23 11:28 | 日々

王子さくら新道

c0195134_1124129.jpg
王子の凧市の帰りに、気になる横丁「王子さくら新道」に寄ってみました。c0195134_1049154.jpg




「王子さくら新道」は飛鳥山の斜面とJRの王子駅に面した狭い隙間、ちょっとした中州にある飲み屋街です。すぐ側には、チンチン電車が走り、のどかな電車の音が聞こえてきます。

スナックの看板が並び、洗濯物が干された木造建築。最近、こんな「昭和」の風景も東京からどんどん消えてしまっています。


c0195134_1125640.jpg
c0195134_1131448.jpg

by rojiuratanken | 2009-02-20 10:46 | 日々

王子の凧市

c0195134_012136.jpg
東京で初午といえば、なんといっても王子の凧市。今年は、農園の初午千束稲荷の初午を訪ねて地口絵の面白さにはまりましたが、やっぱり王子に行ってみなくっちゃ!


続きを読む
by rojiuratanken | 2009-02-19 20:58 | 歳時記

千束稲荷の初午祭り

先日、農園での初午祭りを体験して、すっかり地口行灯の面白さにはまってしまった私。台東区の千束稲荷神社では、二の午の日に初午祭りが行われると聞き、早速足を運んでみました。

c0195134_22404213.jpg
c0195134_7583825.jpg

c0195134_834169.jpg



c0195134_235162.jpg





境内には赤い「千束稲荷大名神」の旗が所狭しと(100以上)立てられ、鳥居にはすべて地口行灯がつけられています。お社には右大臣・左大臣の地口絵が。これかなり精密に描かれています。金泥も使われていて豪華! 鳥居の下の立派な大行灯には、狐の絵が描かれていますが何の場面なのでしょう? 

c0195134_23154325.jpgc0195134_2316079.jpgc0195134_23161383.jpg









農園の地口絵は、狐の絵ばかりでしたがここは狐以外の地口がたくさん! ひとつひとつ見ていくだけでも楽しくなります。行灯には奉納者の名前が書かれているのも街中のお祭りらしいところ。大黒さんのお顔(左絵)もいい感じ。これは、「大黒(大福)はあったかい」だそう。「経師(王子)の稲荷」は農園の地口絵でもありましたが、狐の感じ、瓶垂れ霞の感じも違います。
16時過ぎからは、氏子さんたちが集って祈願祭が行われました。これも竜泉という東京でも地元のつながりが強い土地柄だからこそ、続けられているお祭りなのかもしれません。ちなみにこの神社は、樋口一葉の「たけくらべ」の祭礼の舞台にもなった神社だそうですよ。
今度は、行灯に灯がともったところを是非みてみたいな~


他の
by rojiuratanken | 2009-02-18 23:52 | 歳時記

チョコレートに見立て -銀座奥野ビル

この階段の手摺り、チョコレートにみえませんか?

c0195134_16403652.jpg

c0195134_16405632.jpg


続きを読む
by rojiuratanken | 2009-02-15 17:13 | 建物