ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(221)
(145)
(127)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2018年 06月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40
蕎麦部きものフリーマーケット..
at 2017-11-06 11:35
蕎麦部きものフリーマーケット..
at 2017-10-22 11:52

画像一覧

カテゴリ:アート( 6 )

粟辻早重のコレクション 「やかん」展へ

じつは、わたくし、無類の「やかん」好きであります。先日も知り合いに、新年早々アツイ「やかんトーク」を展開してしまったほどのやかんに対して熱いヤツです。と、そこに飛び込んできたのが、「粟辻早重のコレクション やかん展」。さっそく、西麻布の『ギャラリー ル・ベイン』さんに足を運んできました。
c0195134_22183554.jpg

c0195134_2229556.jpg展示されていたのは、日本を代表する人形作家の粟辻早重さんが40年あまりにわたって集めたやかん70点。オーソドックスなアルミの薬缶から、北欧のモダンなケトル、日本の鉄瓶や茶道で使われる水次などなど。カラフルなやかんたちに出迎えられ、気持ちは一気に沸点到達です。
c0195134_22405010.jpg









←アルミの薬缶だけでもいろいろ。千利休ゆかりの地である大徳寺のアルミ薬缶も鎮座。

c0195134_22432871.jpg
国内外から、縁あって粟辻さんのもとへやってきた「やかん」。中には、「山の上でころがっていた大やかん」を友人が見つけ、粟崎さんのところになんてエピソードも。やかんに添えられた一つ一つのエピソードを読んでいると、粟崎さんのやかんへの愛情がひしひしと伝わってきます。

愛らしいやかんたちを眺めながら感じたのは、そのどれもがホッとする温かい雰囲気をもっていること。一杯のお茶からもたらされる憩いの「ひととき」。そんなやわらかな空気が、伝わってきました。
これ!っと選ぶのは困難きわまりないのですが、なかでも、スウェーデンのコクムス社のやかんに心惹かれました。丸みをおびたフォルムとちょっと太めでやわらかなカーブを描いたハンドル。素朴であたたかみあるデザインが、安心感をあたえてくれます。
c0195134_2362218.jpg
京都の天神さんの骨董市で出会ったという水次も美しいデザイン。こちらも、ぽってりとした形ですが縦長のスタイルが、茶道具らしい凛としたたたずまいをみせています。

言葉では伝えきれないほど、魅力的なやかんの世界。やかん好きの方、まずは足をお運びください。会期は2/6(水)までです。

■住所 港区西麻布3-16-28
■TEL  03-3479-3843
■URL  http://www.le-bain.com/gallery/

※関連ブログ

男のやかん
・ 麦茶とやかん
火鉢にやかん
・冬の楽しみ湯気
・小岩のやかん天国はこちら
・ロバさんのやかんは こちら

[PR]
by rojiuratanken | 2013-02-01 23:51 | アート

難波田龍起・舟越保武 精神の軌跡展 -東京オペラシティ

c0195134_17485945.jpg
東京オペラシティへ・アートギャラリーで開催中の難波田龍起・舟越保武 精神の軌跡展』へ行ってきました。

画家・難波田龍起と彫刻家・舟越保武は、どちらも好きな作家さんです。

More
[PR]
by rojiuratanken | 2012-05-09 07:00 | アート

今 和次郎 採集講義 展  in パナソニック 汐留ミュージアム

c0195134_112971.jpg
パナソニック 汐留ミュージアムで開催中の
『今 和次郎 採集講義 展 - 時代のスケッチ。人のコレクション‐』へ行ってきました。

今 和次郎さんといえば、今から80年ほど前、『考現学』というユニークな調査、研究をおこなった人として知られています。
調査の対象は、例えば銀座の街行く人々の服装や服装品だったり、本所深川に売られている品物だったり。

80年ほど前といえば、大正から昭和の初めにかけてであり、洋装文化が一般の人々にも、浸透しはじめた頃。
朝の連ドラ『カーネーション』で主人公糸子ちゃんが、洋装店をはじめた時代です。
着物、履物、持ち物、髪型まで、当時の人々は、どんな暮らしを送っていたのかしらん? 興味しんしんで出かけてきました。

もっと読む
[PR]
by rojiuratanken | 2012-02-15 10:30 | アート

百椿図 椿をめぐる文雅の世界 in根津美術館

c0195134_1759512.jpg
根津美術館で開催中の『百椿図 椿をめぐる文雅の世界』へ行ってきました。

江戸時代は、お殿様や文化人の間で、変化朝顔をはじめとした園芸ブームが幾度となく起きていますが、椿はそのはしりだそう。今では存在しない珍しい品種の椿が数多く描かれています。

100種類以上もの椿が登場する「百椿図」は、その美しさに魅了されるとともに、花瓶や籠、扇や団扇、盃や茶碗、文箱や硯箱、鼓、色紙や冊子といったものまでを器に見立てた江戸時代のフラワーアレンジメントの豊かさに驚かされました。


c0195134_18315983.jpg
図録も素敵! 薄くて軽いのもうれしい(笑)

椿という文字は、木へんに春と書くように、まさに新春にふさわしい展示会でした。
あと1か月と少しすれば、東大寺のお水取りです。東大寺二月堂の本尊の前を飾る椿の造花「糊こぼし」も、実際にみてみたいものです。


c0195134_18375668.jpg
■ おまけ1
館内の庭園でみつけた、ちょっとかわいらしいもの。
「稲叢(いなむら)ぼっち」って言うんですって。もともとは、五穀豊穣を願って作られたもので、根津美術館では、寂しい冬の庭の彩として12~3月まで置いているそうですよ。

c0195134_18364255.jpg

■おまけ 2
根津美術館の街路樹に使われている竹林。この配色がいいな~! 思わずきもののデザインにどうかしら?! と思ってしまいました。これは、なんという竹の種類なのでしょう? ご存知の方、お教えくださいませ。

■おまけ3
友人から、椿の専門店『椿華園』さんのサイトを教えていただきました。
http://www.chinkaen.jp/index.html

見ていると、欲しくなります。カタログを取り寄せたくなります。
もう、ベランダは鉢がいっぱいなんですが・・・・・。
[PR]
by rojiuratanken | 2012-01-17 08:30 | アート

ホキ美術館へ

c0195134_110736.jpg

c0195134_9481955.jpg
先週末は、千葉県土気(とけ)にあるホキ美術館
日本初の写実絵画専門美術館として開館後、ずっと訪れたいと思っていました。

ゆるやかなカーブを描いた館内は、真っ白な壁にやわらかな自然光がさしこみ、自然と観る者を作品へと導いてくれます。作品と鑑賞者の間には、柵もガラスもありません。絵の中に、素直にすっと自分の意識が入り込んでいく感覚。これは、今まで訪れた美術館ではあじわったことのない感覚であり、新鮮な驚きでした。

館内を出ると、美しい夕暮れが出迎えてくれました。
[PR]
by rojiuratanken | 2011-12-16 01:30 | アート

秋岡芳夫展 in 目黒区美術館

c0195134_20505997.jpg
すっきりと澄み切った秋空の空の下、目黒区美術館で開催中の『DOMA秋岡芳夫展』へ。

秋岡芳夫さんは、工業デザイナーであり、童画家、木工家、プロデューサー、道具の収集家など多方面での才能を発揮した人として知られています。
今回は、家具や電化製品、バイク、学研の「学習」や「科学」の付録のデザインをはじめ、秋岡さんが、日本各地でおこなった産地と使い手をつないだプロジェクトや暮らしへの提案について、その足跡を紹介していました。

私が、はじめて秋岡さんを知ったのは

もっと読む
[PR]
by rojiuratanken | 2011-11-29 21:28 | アート