ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(221)
(145)
(127)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2018年 06月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40
蕎麦部きものフリーマーケット..
at 2017-11-06 11:35
蕎麦部きものフリーマーケット..
at 2017-10-22 11:52

画像一覧

「ひとえ」の正解

c0195134_11040510.jpg
『七緒』春号2017の特集は、収納とひとえ。
単衣って、4月末頃になって、もう袷は暑いからひとえを着たいわー。って思いつつも
6月は梅雨時季で雨も多いし、9月は残暑で汗だくだし、着る期間も短いしで
結局、なにを着たらいいのやらと悩ましいうちに季節は過ぎてー。なんであります。

そんなお悩みを解決してくれるのが今回の特集。




特集では、「愛用ひとえ」私の答えとして、きものおしゃれさん4人の方に愛用の単衣を紹介していますが、今回、こちらの構成と文を担当させていただきました。

登場いただいているのは、スタイリストの山下悠さんやイラストレーターの花島ゆきさん、編集者の樺澤貴子さん、ギャラリー&カフェ店主兼スタイリストの伊砂由美子さん。
4人の方々ともに、共通するのは、自分なりのスタイルをもっていること。自分が「好き」と思う、そして「似合う」着物をはっきりと認識されているからこそ、ひとえの季節も軽やかにおしゃれを楽しめるのだなーと実感しました。

春の訪れとともに、そろそろ準備したくなるひとえの着物。
これを読めば、きっと「マイひとえ」への正解! が見つかるはず! ぜひ、ご参考になさってみてください。



[PR]
by rojiuratanken | 2017-03-07 11:23 | 着物