ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(221)
(145)
(127)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2018年 06月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40
蕎麦部きものフリーマーケット..
at 2017-11-06 11:35
蕎麦部きものフリーマーケット..
at 2017-10-22 11:52

画像一覧

福島の和綿で復興支援ーふくしまオーガニックコットンプロジェクト

c0195134_15533959.jpg

c0195134_1554690.jpg
ここ数年、毎年和綿の種を植えていますが今年は、福島産の和綿の種を植えてみました。

というのも、3.11にともなう福島の復興支援の一環して立ち上げられたプロジェクト 『ふくしまオーガニックコットンプロジェクト』に参加するため。

プロジェクトの趣旨は、原発事故で耕作放棄地となってしまった土地で有機栽培の和綿を育て、商品化することで福島の農業の再生や地域に活力を生み出すことが目的です。

c0195134_1611959.jpg
福島の畑の栽培をお手伝いするボランティアもありますが、もうひとつ、和綿の種を購入し、個人こじんで、栽培し収穫した綿を福島に送り、商品用の綿として使ってもらうという支援があることを知りました。自宅でできる新しい支援のカタチ!それなら私もできるかも! と5月に福島産オーガニックコットンの種『コットンベイブを購入してみました。

お人形さんについているのが、ぜーんぶ茶綿の種です。触るとふわふわ。コットンベイブは、被災された女性たちが作っているそうですよ。

少しでも多く綿が収穫できたら! とご近所の園芸ともだちに種をシェア。それぞれ収穫した綿をまとめて、秋には福島に送る計画ちうです。
[PR]
by rojiuratanken | 2016-07-10 10:27 | 園芸