人気ブログランキング |


ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(222)
(145)
(128)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 06月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

BLOG移行のお知らせ
at 2019-03-18 20:20
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-02 14:52
七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40

画像一覧

骨董市でみつけた衣紋掛け

c0195134_10364695.jpg

きもの用の衣紋掛けをずっと探していたところ、昨年秋にやっと「これぞ!」と思えるきものハンガーに出合いました。見つけたのは、取材で出かけた大江戸骨董市。
欲しいものって、案外探している時はなかなか見つからないものですが、「こんなものが欲しいな」ってイメージもって歩いていると、なにげない時にふっとあらわれるものですね。
c0195134_1037138.jpg

イメージしたのは、昔きものが日常だったころ、竹で簡易に作られていた衣紋掛け。軽くてかさばらず見た目もできるだけさっぱりと。そうなると、プラスチック製はちょっと違う。。。なんて、思いを巡らせてはや数年。骨董市で見つけたときは、もちろん即購入です!

これは、持ち主が特注で作ったものらしく木の素材は軽いものを選んでいて、端の部分は丸みをおびたつくり。余計な金具もないため、とてもやわらかな印象です。フックの部分は、小さいながらどんな狭いところにもかけられるとあって、かける場所を選ばないのもうれしいところ。

使ってこそまた良さを再認識しているこの衣紋掛け。これからのきものライフにかかせないアイテムとなりそうです。
by rojiuratanken | 2016-02-01 10:28 | 着物