ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(221)
(145)
(127)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2018年 06月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40
蕎麦部きものフリーマーケット..
at 2017-11-06 11:35
蕎麦部きものフリーマーケット..
at 2017-10-22 11:52

画像一覧

お出かけに便利なシルクウールの着物

c0195134_1112617.jpg

金木犀の香りが秋を運んできました。
朝晩もすっかり涼しくなって、そろそろ衣替えもしなければ! と思いはじめるこの季節。秋から初冬にかけてよく袖を通す着物が、シルクウールの着物です。

シルクウールは、経糸に絹、緯糸にウールを織った着物ですが、絹のもつ光沢としなやかさとウールの暖かみがあって、この季節のちょっとしたお出かけにはぴったりの着物なのです。そして、なんといっても、ドライクリーニングにだせるというお手入れの気楽さが最大の魅力。

c0195134_1125493.jpg
お手入れが簡単なので、雨の心配がありそうな日やちょっと汚れそうな食事会にも臆せず着ていける安心感がうれしいですし、肌触りもウールだけのものより、やわらかく着た時に布に落ち感があって、カジュアルな中にもきちんと感が演出できるのも気に入っています。

ふだん着物派には便利で頼れるシルクウールの着物。しかし、近年では、あまり生産されておらず、商品のラインアップも少ないのがなんとも残念なところ。無地や縞のほかに、もっと遊び心のあるデザインが生まれてほしいなーと願っています。

c0195134_21544971.jpg


(写真は、三勝さんのシルクウールのプレタ着物にコエトイロさんの半幅帯をあわせて)

※シルクウールのお手入れはドライクリーニングをオススメします。じつは、自宅で毛糸洗濯用洗剤で洗ったところ、尺がかなり縮んでしまいました(涙)。







 
[PR]
by rojiuratanken | 2014-09-30 22:09 | 着物