ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(221)
(145)
(127)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2018年 06月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40
蕎麦部きものフリーマーケット..
at 2017-11-06 11:35
蕎麦部きものフリーマーケット..
at 2017-10-22 11:52

画像一覧

夕顔は暑さが苦手?!

c0195134_11441243.jpg


c0195134_11444044.jpg
ドリルのような形をした蕾は、さてなんでしょう?
答えは夕顔。夕顔という名の通り、日が傾きはじめてから咲くため、花が開く日の朝は、こんな感じでとっても芸術的! ともいえる巻き方の蕾を拝むことができます。

c0195134_11455913.jpg


しかし、8月は蕾がひらく直前までふくらんでいながら、ことごとく蕾のまま撃沈。。。(写真)。あともう一息!もう少し! というところまでふくらみながら、開かないなんて。。。。。夕顔もさぞや無念であったろうに。。。

これにはなにか原因があるはず! と、ご近所の園芸好きの方に聞いたり、ネットで調べたりとしたところ、おそらく光が強すぎるのでは? という結論にいたり、簾をかけたり試行錯誤を繰り返しましたが、どうも暑さも関係あったようで。

c0195134_1155880.jpg
涼しくなると、なーんにもしなくても咲きはじめましたんですね! やっぱり暑さが苦手だったのかな?

c0195134_11552878.jpg

この頃は日もだんだんと短くなって、日が落ちるのも早くなってきました。夕闇には、夕顔の白くて大輪の花弁がとてもよく映えます。顔を近づけると、透明感のある高貴な香り。
夕顔は、真夏のというよりも、晩夏~初秋の花なのでしょうね。
[PR]
by rojiuratanken | 2014-09-08 08:53 | 園芸