人気ブログランキング |


ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(222)
(145)
(128)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 06月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

BLOG移行のお知らせ
at 2019-03-18 20:20
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-02 14:52
七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40

画像一覧

アートな植栽

c0195134_14332532.jpg

c0195134_14364996.jpg
町歩きをしていて、家の軒先や路地に盆栽やサボテン、大きな鉢植えなどが置かれていてるとうれしくなる。
特に古い下町といわれるエリアにいくと、お菓子の缶かんや、ときには魚のトロ箱なんかを鉢植えにして植物を育てていて、また、それがどれも元気だったりして、スキップしたくなるほど楽しくなるのだ。





先日訪れた三河稲荷神社さんがある本郷界隈も、足を止めずにはいられないスポットがそこここにあって、あっという間に時間がたってしまった。

写真(上)の植栽もそのひとつで、良く見ると、シクラメンと小花が咲いた鉢以外は、皆同じ植物。でも、なんだかリズムがある。木枠の窓やレースのカーテン、アイアンの鉄枠などと調和して、ちょっとした作品のようなのだ。このお家は、別の窓には、節分の鬼やお雛さまなど季節のアイテムを飾っていた。ちょっとしたショーウウインドウのように通りを行く人に季節感を感じさせてくれるなんて、なんてうれしい心配りだろう。

c0195134_14585872.jpg
こういった板塀もなかなか見ることができなくなった。木の板は、ブロック塀よりも風通しがよくって、やっぱりいいなーと思う。板の組み方もなかなか凝っている。

c0195134_152585.jpg


玄関先には、梅の鉢。お三味線の音でも聞こえてきそう♪
どんな方が住んでいるんだろう? 想像しながら、街を歩くのもなんとも楽しい!
by rojiuratanken | 2014-02-08 15:12 | 建物