人気ブログランキング |


ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(222)
(145)
(128)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 06月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

BLOG移行のお知らせ
at 2019-03-18 20:20
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-02 14:52
七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40

画像一覧

民家園のなかには

c0195134_10474053.jpg
和綿の糸紡ぎを体験した茅葺屋根の古民家には、藍染の工房も併設されていたので、こちらにもお邪魔。藍独特の香りがたちこめるなか、「藍染の会」の皆さんが、藍甕をかきまぜていました。

c0195134_10433772.jpg

c0195134_1122535.jpg
「藍染の会」の皆さんは、和綿と同じように、畑で種から藍を育てて、収穫した染料を使って伝統の藍染を再現しているのだそう。昔の農家は、自分たちで野菜や米を作り食べていたように、衣類も木綿や蚕を育て、染めて織ってと自給自足していたんですね。

c0195134_114759.jpg

c0195134_11511.jpg
民家園に広がる、雑木林に畑に広い空。土の道を歩くのも久しぶりです。下駄の歯あたりも足にやわらかく響きます。
体験したことがなくても、なんとなく懐かしい。日本人のDNAが呼びさまされるのでしょうか。

c0195134_11114012.jpg

c0195134_11161421.jpg
冬のやわらかな陽射しが、廊下や畳の間に射し込んできて美しい陰影をつくりだしていました。
いつまでも、眺めていたい。。と思いつつ、でも、ガラス戸のない障子だけの民家は、やっぱり寒くて寒くて。
昔の暮らしに思いをはせつつも、現代の生活スタイルにひたりきった体では、とても体がついていけないトホッホな私でであります。

しばらく囲炉裏の火を囲みながら、火のありがたさを実感。。。。。

c0195134_2027320.jpg

この日は、紬の着物にマントをはおって。
民家園に着物は、よくなじみますね。
by rojiuratanken | 2013-12-27 10:58 | 手仕事