人気ブログランキング |


ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(222)
(145)
(128)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 06月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

BLOG移行のお知らせ
at 2019-03-18 20:20
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-02 14:52
七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40

画像一覧

民家園の綿紡ぎ体験へ

c0195134_2135342.jpg

c0195134_21352770.jpg
アップするのがたいそう遅れてしまいましたが、12月はじめ、世田谷の民家園で開催された和綿の糸紡ぎ体験へ友人の堀尾さんと行ってきました。

こちらでは、「綿の会」の皆さんが、民家園の敷地内で、種から和綿を育て、その綿を手紡ぎする体験をしています。茅葺屋根の民家で、昔の農家の暮らしを体感しながら綿紡ぎができる貴重な機会とあって、昨年に引き続き今年も参加させていただきました。

c0195134_21482847.jpg
まずは、綿繰り機で綿の中にたくさんつまった種と綿を選別。手で取り除くには、手間も時間もかかるこの作業。歯車をつかったこの機械を使うと、とっても簡単に種を取り除くことができます。手前に種が機械のむこうに綿がわかれて出てくる仕組み。

c0195134_22183628.jpg




次は綿をほぐすために、弓打ちの作業。びよんびよん♪と弓を弾くと、自然と綿がふ~わふわにほぐれていきます。

c0195134_22219.jpg


糸車で紡ぐ前に、綿を棒状に。なんだか、かわいい!

c0195134_22135021.jpg







糸車を回し調節しながら、綿を糸に。ふわふわの綿が、ひと筋の糸に変わる瞬間は、とても不思議です。

c0195134_2220117.jpg
出来上がった糸がこちら。
木綿は江戸時代中期に日本に広まったといわれていますが、それまでの庶民の衣類といえば素材は麻や楮。糸にするまでには、繊維をくだき、裂いてと膨大な手間ひまをかけていたことと比べると、木綿は、収穫してた綿を少しの作業で(といっても大変ですが)紡いで糸になるわけで、人々にとっては、木綿はなくてはならない素材になったのでは? と思います。そしてなんとといっても、麻に比べると保温性があってあたたか。木綿の栽培が一気に広まったというのもうなずけます。

民家内には、藍染めの工房も。次回は、武蔵野の原風景を今に残す民家園をご紹介します。
by rojiuratanken | 2013-12-26 21:33 | 着物