人気ブログランキング |


ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(222)
(145)
(128)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 06月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

BLOG移行のお知らせ
at 2019-03-18 20:20
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-02 14:52
七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40

画像一覧

ちゃが馬七夕 石神井氷川神社

c0195134_15335178.jpg


c0195134_15405794.jpg
明日は、旧暦の七夕ですね。先週(2013/8/4)は、石神井公園近くにある石神井氷川神社で行われた「ちゃが馬七夕」へ友人とともに行ってきました。

お目当ては、ちゃが馬づくりを体験させてもらえること。
「ちゃが馬」とは、茅(ちがや)を編んで作った馬のことで、練馬では、古くから七夕に「ちがや馬」を作って、五穀豊穣や無病息災をお祈りしたといいます。

境内には、笹の葉にたくさんの七夕飾りと短冊が吊るされ、浴衣姿の女子やかわいい甚平さんを着た赤ちゃんなど、参拝に訪れる人もたくさん! お祭りムードでもりあがっていました。





c0195134_20214754.jpg
露店でにぎわう境内の裏手にまわって、ちゃが馬づくり会場へ。
馬づくりは、気軽な紙ひもタイプと、茅を使った本格派と2つ。紙ひもでの馬づくりは、かわいいツリーのような木を組重ねたスペースで。こちらには、親子連れがいっぱいです。

せっかくここまで来たんですから! 「ほんまもんのちゃが馬」が作りたい! と鼻息荒い2人。昔ながらの茅を使った「ちゃが馬づくり」へいざ出陣です。

c0195134_2022155.jpg

c0195134_203243.jpg







ちゃが馬づくりは、宮司さん自ら、教えてくださいます。
使用するちがやは夏越の大祓いの茅の輪くぐりで使われた「ちがや」だそう。霊験あらたかなちがやを使っての馬づくり。なんとも、ありがたいことでございます。

c0195134_2040569.jpg





まずは、馬の顔づくり→たてがみ作り。茅をよりながら組んでいくのがなかなか難しい。ちがやの扱いは、肉厚で大きな手の方が、良さそう! 

c0195134_20441047.jpg
約1時間後。胴体と足もしっぽもついて、なんとか形になりました! 境内にある古代米の田んぼの前で記念撮影。


境内には、地元のカフェやワインショップ、雑貨店などが出店。能舞台では、ライブも催され、手づくり感あふれるのんびりほんわかムードが漂っていましたよ。

c0195134_2164249.jpg
石神井氷川神社でのちがや馬づくりは、地元に伝わる伝統を残したいと、宮司さん自ら練馬の農家の方に作り方を習い、このお祭りをはじめられたといいます。

若い宮司さんの思いが、氏子さんはじめ、地元の方に着実に広がっている「ちゃが馬七夕」。ずっと続いてほしいお祭りですねー。

※七夕行事の関連ブログ: 梶の葉に願い事はこちら
by rojiuratanken | 2013-08-12 15:06 | 歳時記