人気ブログランキング |


ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(222)
(145)
(128)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 06月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

BLOG移行のお知らせ
at 2019-03-18 20:20
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-02 14:52
七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40

画像一覧

神官さんが履く浅沓(あさぐつ)

c0195134_1446264.jpg


先日参列した夏越しの大祓へで改めて神官さんの履物を見てみると、あれ? 靴の形をしています。日本の履物といえば、草履や下駄のイメージですが、これは、オランダの木靴にも似た形。ちょっと変わってますねー。

洋風にも思えるこの履物は、浅沓(あさぐつ)言われ、神職につく人々が祭礼の時にのみ着用する履物だそう。素材は、和紙で、外側は漆、内側には、絹地の布が張られ、足の甲にあたる部分にはクッションが付いているのが特徴です。そういえば、平安時代の蹴鞠の風景では、貴族たちはこの浅沓を履いていました。

c0195134_15101562.jpg

「改めて」なのですが、神官さんの烏帽子に狩衣といった衣裳は、平安時代の装束が受け継がれたものなのですね。
これ、当たり前すぎて、日常の中の「風景」になってしまっていますが、平安時代のほぼそのままの衣裳を博物館に行かなくても観ることができるなんて、すごいことだなと思うのです。

歴史とともに、服飾も変化し、今の和装、そして洋装文化があるわけですが、1000年もの前の衣裳、そして文化が、消滅することなく、今も暮らしの中に息づいている国って! ほかにないかもしれません。そういえば、雅楽などの音楽もしかり、能や狂言といった演劇もしかりです。


まだまだ暮らしの中に息づく日本の歴史。もっともっと再発見してみたいです!
(写真は、明治神宮の例大祭のものです)
by rojiuratanken | 2013-07-05 15:37 | 着物