ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(221)
(145)
(127)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2018年 06月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40
蕎麦部きものフリーマーケット..
at 2017-11-06 11:35
蕎麦部きものフリーマーケット..
at 2017-10-22 11:52

画像一覧

粟辻早重のコレクション 「やかん」展へ

じつは、わたくし、無類の「やかん」好きであります。先日も知り合いに、新年早々アツイ「やかんトーク」を展開してしまったほどのやかんに対して熱いヤツです。と、そこに飛び込んできたのが、「粟辻早重のコレクション やかん展」。さっそく、西麻布の『ギャラリー ル・ベイン』さんに足を運んできました。
c0195134_22183554.jpg

c0195134_2229556.jpg展示されていたのは、日本を代表する人形作家の粟辻早重さんが40年あまりにわたって集めたやかん70点。オーソドックスなアルミの薬缶から、北欧のモダンなケトル、日本の鉄瓶や茶道で使われる水次などなど。カラフルなやかんたちに出迎えられ、気持ちは一気に沸点到達です。
c0195134_22405010.jpg









←アルミの薬缶だけでもいろいろ。千利休ゆかりの地である大徳寺のアルミ薬缶も鎮座。

c0195134_22432871.jpg
国内外から、縁あって粟辻さんのもとへやってきた「やかん」。中には、「山の上でころがっていた大やかん」を友人が見つけ、粟崎さんのところになんてエピソードも。やかんに添えられた一つ一つのエピソードを読んでいると、粟崎さんのやかんへの愛情がひしひしと伝わってきます。

愛らしいやかんたちを眺めながら感じたのは、そのどれもがホッとする温かい雰囲気をもっていること。一杯のお茶からもたらされる憩いの「ひととき」。そんなやわらかな空気が、伝わってきました。
これ!っと選ぶのは困難きわまりないのですが、なかでも、スウェーデンのコクムス社のやかんに心惹かれました。丸みをおびたフォルムとちょっと太めでやわらかなカーブを描いたハンドル。素朴であたたかみあるデザインが、安心感をあたえてくれます。
c0195134_2362218.jpg
京都の天神さんの骨董市で出会ったという水次も美しいデザイン。こちらも、ぽってりとした形ですが縦長のスタイルが、茶道具らしい凛としたたたずまいをみせています。

言葉では伝えきれないほど、魅力的なやかんの世界。やかん好きの方、まずは足をお運びください。会期は2/6(水)までです。

■住所 港区西麻布3-16-28
■TEL  03-3479-3843
■URL  http://www.le-bain.com/gallery/

※関連ブログ

男のやかん
・ 麦茶とやかん
火鉢にやかん
・冬の楽しみ湯気
・小岩のやかん天国はこちら
・ロバさんのやかんは こちら

[PR]
by rojiuratanken | 2013-02-01 23:51 | アート