人気ブログランキング |


ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(222)
(145)
(128)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 06月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

BLOG移行のお知らせ
at 2019-03-18 20:20
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-02 14:52
七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40

画像一覧

和綿布団の寝具工房 いづみやさん

c0195134_1929582.jpg
先日の和綿の糸つむぎ体験の話を友人の堀尾みゆきさんにしたところ、「和綿のお布団をつくっている布団屋さんが狛江にあるよ」との情報。なんでも、和綿の種から育てているこだわりの布団屋さんなんだとか。うむうむ。これは楽しそう! 行ってみたい! と早速、堀尾さんにお付き合いいただきおじゃましてきました。

お伺いしたのは、「寝具工房 いづみや」さん。今も昔ながらの手仕事にこだわり、職人さんの手によって布団を作り続け、打直し、仕立て直しにも気軽に応じています。
外観は、布団屋さんというよりも、ギャラリーのよう。
店内には、布団や座布団のほかに、手織り木綿や遠州木綿、型染め木綿など布がたくさんありました。


c0195134_19353426.jpg

気さくなご主人の白井さんが、店舗裏で育てている和綿畑を案内してくださいました。育てているのは、弓ヶ浜という鳥取の品種。弓ヶ浜といえば、鳥取の弓ヶ浜絣が頭に浮かびますね。かつては、全国各地で栽培され、200種ほどあった木綿の品種も、今では20種ほどに減ってしまったといいます。



c0195134_195503.jpg
収穫した綿は、手回しの綿繰機で丁寧に種をとり、注文を受けてから製綿にとりかかるそう。
とはいえ、この畑で収穫できる綿の量はわずか。それでも、自ら手間と時間をかけて和綿を育てているのは? とお聞きすると
「うちは、もともと綿屋だからさ。できることはしたいよね」と
白井さん。いづみやさんは、もともと綿の打ち直しを本業として、十代も続いてきた綿屋さん。綿のある暮らしとともに歩んできたお店だからこそ、綿に対する思いもひとしお。それゆえの綿栽培なんですね。



c0195134_20236100.jpg
布団用の綿はなるべく繊維に負担がかかっていない綿がいいそう。洋綿は、長期間、圧縮されて運搬されてくるため綿に負担が多い。そのぶん、日本で育った和綿は、綿にストレスが少なくふんわりとしているといいます。

「それに和綿の布団は、弾力性が全然違うんだよね。空気をたくさんふくんで、本当に心地いいよ」と白井さん。これって、手紡ぎ、手織りの木綿の着物や絹の着物にも同じことがいえるかも知れません。
c0195134_20221920.jpg


一枚の布団を打ち直し、大切に使い続けてきた昔ながらの日本の暮らしを伝え続ける白井さん。
お忙しい中、貴重なお話をしてくださりありがとうございました。またお話を聞きに伺いますね。

寝具工房 いづみや
東京都 狛江市中和泉2-15-1
営業時間:10:00 ~ 18:00
tel: 03-3489-1711
by rojiuratanken | 2012-11-18 21:01 | 着物