ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(221)
(145)
(127)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2018年 06月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40
蕎麦部きものフリーマーケット..
at 2017-11-06 11:35
蕎麦部きものフリーマーケット..
at 2017-10-22 11:52

画像一覧

焼印天国

c0195134_21231088.jpg
合羽橋道具街といえば、食器をはじめ、調理器具や食品サンプル、調理衣装などを一手に扱う問屋街。
鍋やざる、しゃもじに食器と歩いているだけでも楽しい場所です。先日も、ちょこっと問屋街を歩いていたら、焼印を売っているお店に出合いました。

桜模様に梅文様、浜千鳥に温泉マーク。実際、自分が使うことはなくても、なんだか愛らしくてかわいい。そんな雰囲気が焼印にはあります。

そういえば小さい頃、千鳥饅頭に焼印されていた千鳥のマークが好きで、そこだけ大事にとって最後に食べていな~と思い出しました。焼印だから出せる味わいって、ありますよね。


合羽橋では、焼印を扱うお店が何店舗かあります。お店によっては、オリジナルデザインの焼印のオーダーにもこたえてくれるようなので、ご興味があるかたは、ぜひ。
写真とは、別のお店になりますが、浅見菓子道具店さんもオーダーに応えてくれるようです。
[PR]
by rojiuratanken | 2012-05-31 07:00 | 手仕事