ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(221)
(145)
(127)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2018年 06月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40
蕎麦部きものフリーマーケット..
at 2017-11-06 11:35
蕎麦部きものフリーマーケット..
at 2017-10-22 11:52

画像一覧

浅草 羽子板市へ

c0195134_1652968.jpg

c0195134_1714226.jpg

毎年行きたいな~と思いつつも、なかなか訪れることができなかった浅草の羽子板市へ。

浅草寺の五重塔をぐるりと囲むように、いくつもの市がたっていました。露店に所せましと掛けられた羽子板。呼び込みの声。職人さんたちの揃いの袢纏姿。浅草には、季節の風物詩を感じる風景が残っています。

市の中には、羽子板の羽だけを売る露店も。羽を吊るして売っている姿がかわいいですね!(写真上)

c0195134_17172167.jpg



芸大生と羽子板職人さんとのコラボ羽子板も(写真右)。こんなユニークな羽子板が、どんどん作られると面白いな~。

c0195134_17303034.jpg

c0195134_1735749.jpg

浅草では、はやくも新年への準備がはじまっていました。
街のあちこちには、まゆ玉や縁起物の吊るし飾り。門松を家々に届ける庭師さんの姿も。

c0195134_1744931.jpg
c0195134_1744239.jpg

最後にとってもかわいかった今年の羽子板市のポスターを。
このポスターを見て、羽子板市へ行きたくなったのです。
年の瀬の忙しい中、「師走のほっ」をいただきました。
[PR]
by rojiuratanken | 2011-12-22 17:36 | 歳時記