人気ブログランキング |


ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(222)
(145)
(128)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 06月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

BLOG移行のお知らせ
at 2019-03-18 20:20
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-02 14:52
七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40

画像一覧

一衣舎さんの秋展へ行ってきました

c0195134_10474472.jpg

代官山のヒルサイドテラスで行われている(2011/10/12~15)一衣舎さんの秋展へ行ってきました。春、世田谷北烏山の妙壽寺さんにて催事をおこなっていますが、東京での秋の展示会は5年ぶりとのこと。今回は、仕事帰りの方でも気軽に立ち寄れる場所をということで、都心の代官山での開催となったそうです。
c0195134_10561441.jpg
入口には、『木綿 航空絹布総居敷当て付 水洗い仕様』の着物の裏が展示されていました。これは、一衣舎さんのオリジナルの仕立てで、裏付の単衣仕立てとなっています。ちょうど単衣と袷の中間にある着物ですので、単衣~袷の期間に着ることができますし、なんといっても木綿と、裏地の絹の収縮率をほぼ同じにしているため、水洗いが可能というのも、うれしいところです。

私は、昨年、この仕様で紬を仕立てていただきましたが、ちょっとしたシミや汚れを自分でメンテナンスできるため、とても重宝しています。

c0195134_1132960.jpg
きものへのハードルのひとつに、お手入れの煩雑さがあります。着物が気軽に手洗いできたら! と思う人も多いのではないでしょうか? 最近では、洗える着物として綿シルクという素材が少しずつ販売されるようになりました。

そんななか、大島紬の作家・田畑安之助さんが、藍泥染めの綿絹の着尺を出品されていました。経糸に木綿の本藍、緯糸に絹泥染め糸を使われています。絣模様がないため、お値段もかなりお手頃になっていました。綿絹着物は、木村さんが田畑さんへ提案され、今回の初出品になったとのこと。本物の手仕事がほどこされた着物を、ちょっと背伸びすれば買える価格で、お手入れも簡単にできる。そんな着物が、もっと増えればいいなと思います。

c0195134_11475439.jpg
会場には、藤井礼子さんがプロデュースするジャワ島の手描き更紗のほか、全国各地から木村さんが集めた手織りを中心にした紬や木綿、帯が並びます。

また、東北を応援するために宮城県七ヶ浜町の呉服店の「いなづま」さんの着物も。震災から半年以上たちますが、息の長い支援をしていきたいという木村さんの思いを感じました。

c0195134_11503887.jpg
会期  2011年10月12日(水)〜15日(土)
時間  11:00〜20:00 最終日18:00
会場  ヒルサイドテラスE棟ロビー
住所  東京都渋谷区猿楽町29-18
    03-3461-6902(会期中のみ)
    東急東横線『代官山駅』下車 徒歩3分

11月には、佐賀有田にて『なか志まや 一衣舍二人展』が開催されます
 会期 11月3日〜6日
 会場 佐賀県西松浦郡有田町幸平1-2-31
     
    お近くの方は、ぜひ足をお運びくださいませ。 
by rojiuratanken | 2011-10-15 11:17 | 着物