人気ブログランキング |


ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(222)
(145)
(128)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 06月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

BLOG移行のお知らせ
at 2019-03-18 20:20
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-02 14:52
七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40

画像一覧

一衣舎春展2011はじまりました

c0195134_22431678.jpg
『東京きもの案内』でもご紹介させていただいた一衣舎さんの春展がはじまりました。世田谷北烏山にある妙壽寺境内での展示会です。
境内に入ると、右手に見えるのが旧佐賀藩の鍋島邸を移築した鍋島客殿の建物。こちらの2階で展示が行われています。 ツツジも見ごろ!。
c0195134_2381423.jpg

c0195134_22403295.jpg

一衣舎の木村さんが、集めた着物や帯はどれも魅力的なものばかり。作り手の思い、そしてその作品を伝えたいという木村さんの熱い気持ちが伝わってくる作品が並び、さあどこから見てよいのやら。。。。。

c0195134_23492426.jpg
ちょうど、会場にはインドネシアのジャワ島で手描き更紗をプロデュースされている藤井礼子さんがおられました。藤井さんは、インドネシアの伝統的な更紗の技、職人さんたちの手仕事を残し伝えていきたいと、野蚕の繭を使った手描きの更紗の帯やストールを作られています。

現地の更紗と違って、デザインや色合いが落ち着いた雰囲気に感じるのは、藤井さんがすべてデザインや色合いなどを決め現地の職人さんたちに発注しているから。

c0195134_23362996.jpg
現地の村々に直接何度も足を運び、職人さんたちと試行錯誤を重ねる藤井さん。
その中で、今回はじめての試みとして出品された作品が、手描きの更紗(写真左)の着尺。一瞬、型染め?と思いましたが、これ手描きです。根気のいる作業を想像するだけでも、気が遠くなりますね。

c0195134_0193121.jpg


他にも、会場には館山唐桟の斉藤さんや、今回初参加の弓浜木綿の稲賀さゆりさんなどもおられました。着る人と作り手の方とが、直接交流できることも、一衣舎さんの展示会の魅力です。
私が、はじめて一衣舎さんを知ったのは、雑誌『七緒』の木綿着物特集で木村さんがオリジナルの館山唐桟を紹介した記事でした。こんなに素敵な木綿があるの?! という驚きと、木綿に絹の洗える衣敷きあてをつけた仕立てという発想も衝撃的でした。
着る人の立場にたった仕立て、着る人がきたいと思う着物が一衣舎さんの展示にはあります。

c0195134_132345.jpg
他にも、平山ふさえさん、吉田美保子さん、西川晴恵さん仁平幸春さんなどの作品も。どの作品からも手仕事の美しさ、そして作り手の思いが伝わってきて、見ているだけでもあっという間に時が過ぎていきます。
c0195134_0374047.jpg

もちろん、一衣舎さんオリジナルの長襦袢や肌襦袢、そして半襟や帯揚げなどももいろいろ。お仕立ての相談も。木村さんは、着物初心者、上級者とはず、丁寧にそして親切に相談にのってくださいます。

c0195134_283234.jpg
今回は、震災後「被害を受けていない地域や人々が、サポート側にまわり物心両面で長期的に支えていくことが大切」という意の元に開催された展示会と伺っています。震災による自粛ではなく、消費することで物と心がめぐる事を願っています。

2011年 一衣舎春展 会期4/29(金)まで
    11時~18時。(最終日は16時まで)
    本覚山妙壽寺 鍋島客殿
    世田谷区北烏山5-15-1

その後、郡上八幡の愚浄山房で「なか志まや」さんと『郡上紬と二人展』を開催予定。
きものギャラリー睦月さんの企画で、5/18~22日です。



関連記事:2011年10月 一衣舎秋展へ行ってきました
by rojiuratanken | 2011-04-26 22:36 | 着物