人気ブログランキング |


ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(222)
(145)
(128)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 06月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

BLOG移行のお知らせ
at 2019-03-18 20:20
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-02 14:52
七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40

画像一覧

黒田商店さんの履物

c0195134_2212238.jpg

着物をはじめると、洋服にはなかった「はじめて」をいくつも体験します。履物もそのひとつで、今までは、スニーカーもしくは革靴という「靴」の世界しか知らなかった生活から、下駄や草履といった「履物」の世界を体験するわけです。

でも、まったくの初心者にとって、「はじめての履物」体験は、かなりの苦痛を伴うもの。
最初は、鼻緒をつまむ指が痛いのなんの。。。。足の指の間が親指と人差し指をつまむほど鍛えられていないんですね。

その上、東京は地下鉄の階段や&アスファルトの道ばかり。特に私は、土踏まずの部分が広くて高さがあるため、クッション製のある靴に慣れた足に、板上の下駄や平べったい草履を履くと、足の裏がジンジンしてきたり。そう。やわな現代人は、足の裏も鍛えられてないことを実感するわけです。とはいえ、履物が履けなくっちゃお出かけもできません。

c0195134_221684.jpg
いやいや、それでも、着物を着てお出かけしたい! さて、どうしましょう。
靴には、自分の足にあわせた中敷(インソール)なんてあるけれど、そんな自分使用のインソール付の履物。クッション性のある履物ががあったらいいのに・・・。
と探していたところ、ありました!そんな理想の履物を生み出したのが、高松の黒田商店さんの下駄でした。


その下駄がこちら(写真)。お恥ずかしいのですが、写真(上)が商品として売っている下駄。写真(右)は、私が2年間履きこんだものです。中身に特殊なゴム素材を入れているため、足にふんわりとしたやさしい履き心地。その上、足にふれる部分が、履けば履くほど自分の足裏の形になってくれるというスグレモノ。皮張りの下駄の表面に、足の指型までくっきりと跡がついていることからも、自分使用の下駄になっていることが、おわかりになるでしょうか。

着物初心者の頃は、まず黒田さんの下駄に助けられたといっても、過言ではありません。
まさに、ヘビーユーズしていて、ゴム底もすりへってしまいました。でも、ご安心を。一度すりへったゴム底は、張り替えていただけますし、2回目からは、黒田さんのご主人が、ゴム底の減り具合を見て、その人の履きくせを見ながら、張り替えてくださいます。黒田さん曰く、メンテナンスすることで、より自分にあった履物に仕上がっていくのだとか。

c0195134_22364945.jpg
そして、黒田商店さんといえば、個性あふれる色とりどりの太い鼻緒。この太くて足あたりの良い鼻緒のお蔭で、着物生活を送るうちに、足の指もだんだんと鍛えられていきました。
こちらの鼻緒は、奥様の恵さんが、世界各国を旅して集めてきた生地を鼻緒にしています。野蚕の手織りのシルクや和更紗の紬なんて、ぜいたくな鼻緒も。ん~眺めているだけでも楽しくなってきますね。

黒田商店さんは、1年を通して、東京のデパートや全国の呉服店さんで催事をおこなっています。詳しくはホームページをチェックしてみてください。 

<追記>
足型はつきたくない、でも足にやさしいお草履が欲しい人には、高反発素材の入った草履や真綿入り草履も。真綿入りは通常の草履よりも、4倍の綿が入っているため足型がつかないのだとか。その秘密が知りたい方は、ぜひライブ会場で黒田さんご夫妻にお聞きください!

<おまけ>
履物に興味のある方は、左のタグの履物をクリックしてみてください。
舟形や二枚歯など、下駄の奥深さ楽しさにはまっております。
by rojiuratanken | 2011-04-23 21:50 | 着物