人気ブログランキング |


ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(222)
(145)
(128)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 06月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

BLOG移行のお知らせ
at 2019-03-18 20:20
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-02 14:52
七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40

画像一覧

奈良まほろば館で糊こぼし作り体験

奈良に春の訪れをつげる東大寺のお水取りの行事。
その期間中、二月堂の本尊の前を飾る椿の造花=糊こぼしについては以前から、とても興味を持っていました。その糊こぼしを奈良のアンテナショップ「まほろば館」で体験できるとのこと。早速、足を運んでみました!

c0195134_1074870.jpg
まほろば館に入ると、椿の枝に「糊こぼし」が飾られていました。  きれい! 紙の造花とは思えないほどいきいきとしています。
東大寺のお水取りでは女人禁制のため、こうして体験できるのは、とっても貴重こと。ワクワク!

c0195134_10172075.jpg
紅白の花弁と黄色のしべ、ガクをいただきます。





c0195134_10173541.jpg
c0195134_10182057.jpg
c0195134_1038487.jpg

ガクは、五角形にカットしてあるので、そこにしべと花弁を巻きつけます。東大寺に奉納される糊こぼしは、花弁を天然染料で染めた和紙の花弁とタラの木を使ったガクだそう。お水取りの時には、参拝者の方々に糊こぼしが授与されています。 
c0195134_11131776.jpg
会場には、椿の土鈴や和菓子が売られていました。
いつか、東大寺のお水取りにも行って見たいものです。

関連ブログ:奈良のお水取りはこちら
東大寺修二会の声明はこちら
薬師寺花会式はこちら
美しの和紙展 inサントリー美術館はこちら

by rojiuratanken | 2011-02-17 22:57 | 奈良&京都