人気ブログランキング |


ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(222)
(145)
(128)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 06月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

BLOG移行のお知らせ
at 2019-03-18 20:20
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-02 14:52
七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40

画像一覧

品川冨士のお山開き

c0195134_21562213.jpg
毎年、7月の第一日曜日に行われている
品川神社のお山開きへ行ってきました。


c0195134_2153361.jpg






品川神社は、旧東海道の宿場町品川宿、駅で言うと京急新馬場駅の近くにあります。ここは、都内でもめずらしく未だ、冨士講の人々が集りお山開きをされている貴重な冨士塚。講の皆さんが、神社内にある浅間神社のお社を掃除し、11時儀式がはじまりました。のんびりなごやかなムードがただよっています。





c0195134_2282098.jpg
c0195134_2293120.jpg
c0195134_2295854.jpg










時間になると、神主さんが来られ、神事が始まりました。その後、講の皆さんだけでお経をみながら、「お伝え」を詠みます。小一時間の神事が終わると、皆さん、白鉢巻をしめて裸足で冨士登山へ向います。

c0195134_22231150.jpg
紫陽花が咲く参道を先達が幣を振りながら、富士塚へ向います。ごつごつした冨士の溶岩を上るのは、裸足にはつらそう!

c0195134_2228071.jpg

途中、庚申を奉った社や役行者、小御岳神社を参拝しながら、山頂へ!
昔は、ここから海がみえたといいます。
c0195134_22383763.jpg







山頂でお参りして神事が終わります。その後、参拝者にお振る舞いが行われ、お赤飯とお茶をご馳走になりました。こちらの冨士講では、毎年、2~3人は富士山に登頂されているとのこと。講の人々も高齢化してきていますが、なんとか続けていきたいとおっしゃっていました。


c0195134_2234315.jpg
c0195134_22463893.jpg
c0195134_22472772.jpg


こちらの富士塚で気になったのは、とにかく猿モノが多いこと。猿田彦のお社の他、猿の石像など今まで訪れたどの富士塚よりも庚申信仰との結びつきを感じずにはいられません。

c0195134_22525174.jpgc0195134_22531198.jpg
c0195134_22564233.jpg
c0195134_22534484.jpg


c0195134_2302028.jpg
c0195134_2304847.jpg
他に、火防稲荷講の石碑などもあり、富士塚としては見ごたえ充分。
品川の人々が、どれだけこの富士塚を信仰してきたかが伝わってきます。
山開きの神事を見学させていただきありがとうございました。

◆富士塚関連のブログはこちら
お富士さまの植木市はこちら
白山神社の富士塚はこちら
駒込富士のお山開きはこちら
下谷坂本富士のお山開きはこちら
池袋富士のお山開きはこちら
十条富士のお山開きはこちら
高田富士祭りはこちら
清瀬中里富士の火まつりはこちら
江古田冨士浅間神社例大祭は
こちら



by rojiuratanken | 2010-07-04 23:08 | 歳時記