人気ブログランキング |


ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(222)
(145)
(128)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 06月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

BLOG移行のお知らせ
at 2019-03-18 20:20
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-02 14:52
七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40

画像一覧

歌舞伎座で二の午祭り 2010

c0195134_12232254.jpg

c0195134_12292995.jpg
昨年から、興味をもちはじめた初午祭り。歌舞伎座内のお稲荷さんでも初午と二の午祭りが行われ、地口行灯がかけられると知り早速行ってきました。江戸の伝統行事が、ここでは続いているんですね~。

c0195134_12401369.jpg



c0195134_12542327.jpg




お稲荷さんには、演目の合間の休憩時間にお参りができるとあって長い行列ができていました。

注目は、大きな地口行灯の図柄(上)です。2月の夜の演目「高坏(たかつき)」を描かれていました。お酒の入った徳利をもった次郎冠者と高足売りがそれぞれ狐になっています。舞台でも勘三郎さんの高下駄で踊るタップダンスが、とても素敵でした!

参拝者の後には、お汁粉がふるまわれました。この日は、ことのほか寒かったので、あったか~いお汁粉が体に染みわたります。

c0195134_1322293.jpgc0195134_1324641.jpg
c0195134_1332138.jpg

歌舞伎座の1階には地口行灯が掛けられ、お祭り気分です。「大入叶」とかかれているところなんて、歌舞伎座のお稲荷さんらしいですよね~。
真ん中の地口は「鼻は桜木 人ハぶち」と書かれていますが「花は桜に人は武士」
だそう。どういう駄洒落?なのかが、ちょっとわかりませんが、農園の地口よりも艶っぽく華があるものが多い感じでした。

威風堂々とした歌舞伎座の建物も4月で閉館。と、なるとこの歌舞伎座での初午祭りも今回が、最後。新しい歌舞伎座になっても、続いてほしいな~。




千束稲荷の初午祭りは、こちら
ご近所農家での初午はこちら
農園の初午宵宮2010はこちら
農園の初午2009はこちら
農園の初午宵宮2009はこちら 

王子の凧市はこちら

by rojiuratanken | 2010-02-13 12:19 | 歳時記