人気ブログランキング |


ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(222)
(145)
(128)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 06月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

BLOG移行のお知らせ
at 2019-03-18 20:20
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-02 14:52
七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40

画像一覧

門(かど)の柳

c0195134_22263285.jpg
椎名町から目白に向って歩いていると、ふと趣のある柳の木に目が留まりました。
クリーニング屋さんの店舗の角地(鬼門?)に、姿よろしく立っています。柳の手入れもいい感じ。
そして、お店の名前は
「柳やクリーニング」。
なんとも洒落がきいているじゃありませんか。
ちょっと、お店の人にお話を聞いてみると、




c0195134_22391834.jpg
c0195134_22394129.jpg
なんとこの柳は、銀座の柳を挿し木にして植えたもので、今は2代目、初代から数えると40年経っているそうです。
いや~、銀座の柳が目白でも、生き続けているんなんて、ちょっとうれしい話です。ビルの屋上も緑がいっぱいです。

親しくしていただいているエキグチクニオさんによると、
昔の東京では、家の門(かど)に柳をよく植えていたのだとか。小説などにも「門の柳」という言葉がよく出てくるといいます。「松」はよく見ますが、「柳」も植えられてたんですね~。

待てというなら5年はおろか
柳新芽の枯れるまで


by rojiuratanken | 2009-04-29 22:54 | 日々