人気ブログランキング |


ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(222)
(145)
(128)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 06月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

BLOG移行のお知らせ
at 2019-03-18 20:20
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-02 14:52
七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40

画像一覧

春の奈良④ ー奈良町散策

c0195134_093765.jpg
桜の美しい浮見堂から、奈良町へやってきました。
古い町家の街並みが残る街は、散策にぴったり。まず、訪れたのは「奈良市ならまち格子の家」です。ならまちの伝統的な町家を再現して建てられており、当時の町家での人々の暮らしについて、お話を聞くことができます。おくどさんがある土間の台所、上げ下ろしできる障子の灯りとり、箱階段などがありました。





c0195134_0222027.jpg

奈良町の魅力のひとつに、町名があります。陰陽町や毘沙門町、南風呂町などなど。陰陽町は、江戸時代まで、陰陽師が多く住んでいたことから名付けられたそう。

路地をぶらぶらして、誰も居ないお寺にでました。名前が思い出せないのが残念です。

c0195134_0111130.jpg
無造作に生けられた椿が飾らず、趣があります。
奈良の町は、お寺にしても仏像にしても、とても歴史ある重要文化財のようなものがゴロゴロあるのに、何気なく昔からそうだったように存在している。飾らず住む人の生活の中に息づいている。そこが、奈良の魅力のひとつだなと歩きながら感じました。

by rojiuratanken | 2009-04-02 00:08 | 奈良&京都