人気ブログランキング |


ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(222)
(145)
(128)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 06月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

BLOG移行のお知らせ
at 2019-03-18 20:20
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-02 14:52
七緒夏号に
at 2018-06-21 12:35
遅ればせながら 明けましてお..
at 2018-01-14 11:42
『七緒』2017冬号に
at 2017-12-14 10:40

画像一覧

豊田光夫コレクション・ぽち袋展に行ってきました

c0195134_2265755.jpg
先日、大田区立郷土博物館で開催されている「ぽち袋と袱紗」展へ行ってきました。歌舞伎や江戸玩具、東海道五十三次など江戸~東京のもの、祇園や御所人形など京都のものもあり遊び心がいっぱいつまったぽち袋に見入ってしまいました。
当日は、この展示コレクションの持ち主である豊田光夫さんの講演があり、ぽち袋を集めることになった経緯や、豊田さんのもう一つのコレクションである「手ぬぐい」についてお話をお聞きしました。




お話の中で、面白かったのは、豊田さんが日本橋の手ぬぐい店に丁稚奉公として入り、お得意さんを回りながら、手ぬぐいをコレクションしはじめたこと。
コレクターというと、「質のいいもの。デザインの良いもの」を中心に集めていきそうですが、「いいものは、皆が大切にするので気を配らなくても残っていきます。でも、日常に使われているものは、使いきってしまうので残っていきにくい。残そうと思わなければ残らない。だから、ぽち袋といっても、珍しいものから日常の祝儀袋まで集めています。手ぬぐいも小さな八百屋さんや魚屋がお得意さんに配っていたものまですべてです」とおっしゃったことでした。
身の回りで毎日使っているものは、皆使いきってしまい、気がつけばなくなってしまう。だからこそ、残したい。そんなところを見逃さない気持ちに共感を覚えました。

by rojiuratanken | 2009-02-10 22:06 | 手仕事