ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(221)
(145)
(123)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
more...

検索

最新の記事

arecole×蕎麦部きもの..
at 2017-10-02 08:47
七緒秋号に
at 2017-09-07 09:56
緑のカーテンが完成
at 2017-07-01 09:15
和綿が双葉から本葉へ
at 2017-06-21 08:47
『七緒』夏号 2017夏
at 2017-06-11 09:38

画像一覧

タグ:建物 ( 30 ) タグの人気記事

チョコレートな階段

c0195134_1127177.jpg

階段を見ると、なぜかチョコレートを連想してしまいます。
以前のブログでも紹介した銀座・奥野ビルの階段もそうでしたが、階段とチョコレート。どこかでなにかが通じているのかもしれません。

c0195134_1133474.jpg
そんなことはさておき。。。。
こちらは、東京大学総合研究博物館小石川分館の建物。明治9年(西暦1876)に、旧東京医学校の本館として建てられ、現在は博物館として一般に無料で公開されています。

c0195134_1135720.jpg


試験管にはさまざまな薬草が。


c0195134_11361489.jpg



貝の展示も。

建物の美しさもさることながら、展示の仕方もユニーク。
小石川植物園のお散歩ついでに。
まったりとしたひとときにおすすめですよ。
[PR]
by rojiuratanken | 2015-02-14 06:26 | 建物 | Comments(0)

おでんの季節

c0195134_1745287.jpg

c0195134_1743050.jpg

あっという間に師走に突入!
日に日に寒さもまして参りました。そんな時に、食べたくなるのが、あったか~い「おでん」。

人形町の『美奈福』さんは、いかにも下町らしい風情ただようおでん屋さん。福福しい大黒様の笑顔と「おでん」の「ん」の尻上がりな筆文字が、たまりません。
おでんを温めているのは、看板娘のおばあちゃん。着物に割烹着で、お店を切り盛りする姿を拝見するたびに「私もいつかこんな風に着物を着こなせたら。。。」と思うのです。

人形町には、甘味処に、牛肉、鶏肉、お豆腐の専門店に粕漬け、お漬物のお店もと、美味しいスポットが盛りだくさん。今度は、買い物かご持参で来なくっちゃね!
[PR]
by rojiuratanken | 2014-12-01 17:20 | 建物 | Comments(2)

趣ある鎌倉のY字路

     古都鎌倉で、趣のある三叉路に出合いました。

c0195134_11244745.jpg


Y字路の投稿は、本当に久しぶりになりますが、これは、鎌倉、雪の下にある大仏茶廊(写真下)のほど近くにある三叉路。東京では珍しくなった黒く塗られた板塀や竹塀など、町と建物、路地がしっくりとなじんだ魅力あるY字路です。

c0195134_16391791.jpg

鎌倉は、いつ足を運んでも歩くのが楽しい街だなーと、しみじみ思います。街全体を包むのんびりとした空気。どこか懐かしい気持ちにさせてくれるのは、この街に暮らす人々が、歴史ある鎌倉を愛し大切にしたいという思いがあるからこそ醸し出される雰囲気ものなのかもしれません。


c0195134_170949.jpg


額縁にシクラメンの鉢植えを置いて、絵にみたてた植栽。
こんな素敵な鉢植えとの出合いもうれしくなってしまいます。 
[PR]
by rojiuratanken | 2014-10-15 11:19 | 建物 | Comments(0)

雑司ヶ谷霊園の花屋さん

c0195134_934410.jpg

c0195134_935653.jpg

お盆を過ぎると、暑い日が続くものの、つくつくほうしが鳴いていたりと、秋の気配を感じるようになりました。
ちょうど、お盆の最終日に雑司ヶ谷霊園の近くを通ったところ、昔のたたずまいを感じるお花屋さんをみつけました。志のぶ亭さんのガラスの引き戸は昔のものらしく、ちょっとゆらいだ感じ。2軒とも店先には井戸ポンプがありお参り用の桶の水として使われているようです

c0195134_9512219.jpg

雑司ヶ谷霊園といえば、夏目漱石、泉鏡花、竹久夢二といった著名人が眠る場所として有名ですが、最近では「墓マイラー」さんにも人気の場所だとか。

緑あふれる霊園で蝉の大合唱が流れる中、しばし休息のひとときでした!。
[PR]
by rojiuratanken | 2014-08-19 09:55 | 歳時記 | Comments(0)

遠回りしても見たくなる平屋

c0195134_11311620.jpg

ちょっと回り道をしてでも、お気に入りの建物やスポットがあれば寄り道してみたいものです。
こちらの平屋も、そのひとつ。10年以上前に訪れた時と、たたずまいがほとんど変わらずに
残っていました。こういう時って、ほっと。といいますか、変わらずにいてくれたんだーとうれしくなりますね。

c0195134_11315371.jpg

建築のことはよくわからないのですが、木造家屋のなかでも、こちらのような板張り?の外壁が、一番日本の景色や自然にあう気がします。
玄関へのアプローチや灯など、趣を感じるたたずまい。

そして、立派な門柱と門柱上にそなえられたサボテン。噴火口のようでもあり、ちょっとした現代アートのようにも見えてとってもユニーク。

c0195134_11375738.jpg

古木で手づくりされた花壇には、ハーブや季節の花々が。
町ゆく人の目を楽しませてくれる家人のやさしい心遣いが伝わってきます。

※参考ブログ
平屋が好き
続・平屋が好
続・続平屋が好き

[PR]
by rojiuratanken | 2014-05-13 12:00 | 建物 | Comments(0)

続・続 平屋が好き

c0195134_16283047.jpg

連日、平屋好きを話題にしております。
こちらの物件は(冗談! 不動産ではありません)、谷中の路地をぷらぷら歩いていた時に突然目の前に現れた平屋。木の窓枠といい、玄関のちょっとレトロなディディールといい、きゅん! と胸をつかまれてしまいました。

家まわりもコンクリートでカチカチに固めるのではなく、砂利と雑草が自然な感じで生えているのもなんともいえません。

こちらは、「茶の間」という名前で、定期的にフェルトづくりやこけしなどのイベントやワークショップを開催しているようです。「茶の間」という言葉にもかなり心ひかれますね。
[PR]
by rojiuratanken | 2014-05-11 16:27 | 建物 | Comments(0)

続・平屋が好き

c0195134_1619566.jpg


平屋の中でも、ミニマムな平屋を見つけると、写真を撮らずにはいられません。
柵の向こうには、ゆるいカーブを描いた敷石の小道とつつじの花。
このアプローチとこじんまりとしたサイズにシャッターを切ってしまいました。

こちらは、右手に母屋があるため、おそらくご隠居部屋用につくられた平屋でしょうか? 
庭いじりの好きなおじいさん、着物姿のおばあちゃん、どんな方がお住まいなのかしら? 
妄想をかきたてられる平屋であります。
[PR]
by rojiuratanken | 2014-05-11 16:18 | 建物 | Comments(0)

平屋が好き

c0195134_1661529.jpg

どんな家に暮らしたい? と聞かれたら、即座に「木造の平屋」と答えます。
ちっちいけれど日当たりの良い庭と縁側があって、盆栽を育てて、冬は火鉢を囲んで。。。。なんて妄想はどんどん膨らむばかりです。

マンションの多い都内では、ひんぱんに平屋に出会うことはなかなかありませんが、神楽坂の坂の途中でこじんまりとした平屋に出会いました。
平屋の中でも、かなりのミニマムサイズ。小ざっぱりとした外観から想像するに、きっとシンプルに暮らしておられるのでしょう。
[PR]
by rojiuratanken | 2014-05-10 08:55 | 建物 | Comments(0)

尾崎紅葉の旧居跡にて

c0195134_09483129.jpg 大人の街、フランス人が多く住む町として知られる神楽坂。 観光客でにぎわう表通りから、住宅街を一歩入ったところに、作家・尾崎紅葉の旧居跡があります。 大きな夏蜜柑? の木に誘われて、小道に一歩入ってみると。。。。。



    c0195134_09550607.jpg
c0195134_09564249.jpg






c0195134_09572351.jpg 
c0195134_09461468.jpg





















黒塀に囲まれた民家  に、山吹や小手毬がひっそりと咲いていました。 やさしい足さわりの     
   土の感触、むせるような木々の緑の匂い。

   お隣には、ハイカラな洋館建てや昔営んでいたであろう下宿屋さんのアパートも。
   尾崎紅葉が暮らした家は戦火で焼失してしまったそうですが、今もその時代の面影が残っているようでした。
[PR]
by rojiuratanken | 2014-04-27 10:28 | 建物 | Comments(0)

横文字の氷屋さん

c0195134_11212837.jpg
新橋の街角で、氷屋さんの看板が目に留まりました。『HASEGAWA ICE PLANT。』
縦長にローマ字で書かれた文字が、とってもハイカラです。氷屋さんの看板といえば、筆文字で和風な字体が多い気がしますが、ひとつ通りを越えれば銀座という場所柄でしょうか。看板文字も洒落ています。

玄関先に置かれている昔ながらの黒自転車で、氷を配達してるのかな?

c0195134_11315552.jpg

[PR]
by rojiuratanken | 2014-03-11 11:34 | 建物 | Comments(0)