ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(221)
(145)
(123)
(79)
(56)
(53)
(42)
(36)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
more...

検索

最新の記事

arecole×蕎麦部きもの..
at 2017-10-02 08:47
七緒秋号に
at 2017-09-07 09:56
緑のカーテンが完成
at 2017-07-01 09:15
和綿が双葉から本葉へ
at 2017-06-21 08:47
『七緒』夏号 2017夏
at 2017-06-11 09:38

画像一覧

カテゴリ:奈良&京都( 8 )

奈良まほろば館で糊こぼし作り体験

奈良に春の訪れをつげる東大寺のお水取りの行事。
その期間中、二月堂の本尊の前を飾る椿の造花=糊こぼしについては以前から、とても興味を持っていました。その糊こぼしを奈良のアンテナショップ「まほろば館」で体験できるとのこと。早速、足を運んでみました!

c0195134_1074870.jpg
まほろば館に入ると、椿の枝に「糊こぼし」が飾られていました。  きれい! 紙の造花とは思えないほどいきいきとしています。
東大寺のお水取りでは女人禁制のため、こうして体験できるのは、とっても貴重こと。ワクワク!

c0195134_10172075.jpg
紅白の花弁と黄色のしべ、ガクをいただきます。





c0195134_10173541.jpg
c0195134_10182057.jpg
c0195134_1038487.jpg

ガクは、五角形にカットしてあるので、そこにしべと花弁を巻きつけます。東大寺に奉納される糊こぼしは、花弁を天然染料で染めた和紙の花弁とタラの木を使ったガクだそう。お水取りの時には、参拝者の方々に糊こぼしが授与されています。 
c0195134_11131776.jpg
会場には、椿の土鈴や和菓子が売られていました。
いつか、東大寺のお水取りにも行って見たいものです。

関連ブログ:奈良のお水取りはこちら
東大寺修二会の声明はこちら
薬師寺花会式はこちら
美しの和紙展 inサントリー美術館はこちら

[PR]
by rojiuratanken | 2011-02-17 22:57 | 奈良&京都 | Comments(0)

春の奈良⑤ ー薬師寺花会式Ⅱ

c0195134_23303925.jpg


c0195134_2356212.jpg
昨日の参篭から一夜明け、真っ青に晴れ渡った空の下、本堂に向います。
本堂には、色鮮やかな10種の造花(つくりばな)。生花とは、また違った美しさを感じます。
もともと薬師寺が「花会式」と呼ばれるようになったのは、本尊・薬師三尊像の前に飾られた色鮮やかな造花に由来するといいます。嘉承2年(1107)、堀河天皇が皇后の病気平癒を祈願して、薬師如来に祈られたところ、その霊験を得て病気が回復したため、皇后がその翌年に女官に命じ10種類の造花を作らせお薬師様の前に供えたのが始まりなのだとか。現在、この造花は


More
[PR]
by rojiuratanken | 2009-04-04 20:29 | 奈良&京都 | Comments(0)

春の奈良④ ー薬師寺花会式Ⅰ

c0195134_22451187.jpg
東大寺のお水取りとともに古都奈良に春を告げる行事として知られる薬師寺の花会式。毎年、3月30日から4月5日にかけて行われています。
以前から、花会式で唱えられる練行衆たちの声明やお供えされる10種類の造花にとても興味がありました。そこで今回、薬師寺に1泊参篭させていただきお参りをしてきました。


続きを読む
[PR]
by rojiuratanken | 2009-04-03 21:58 | 奈良&京都 | Comments(0)

春の奈良④ ー奈良町散策

c0195134_093765.jpg
桜の美しい浮見堂から、奈良町へやってきました。
古い町家の街並みが残る街は、散策にぴったり。まず、訪れたのは「奈良市ならまち格子の家」です。ならまちの伝統的な町家を再現して建てられており、当時の町家での人々の暮らしについて、お話を聞くことができます。おくどさんがある土間の台所、上げ下ろしできる障子の灯りとり、箱階段などがありました。


More
[PR]
by rojiuratanken | 2009-04-02 00:08 | 奈良&京都 | Comments(0)

春の奈良③ ー飛火野~浮見堂

c0195134_1023412.jpg

c0195134_10335966.jpg
春日大社から鷺原道を歩いて飛火野にでました。
広い芝生と青い空。誰もいません。
と、思ったら鹿のカップルがいました。
毛づくろい?をしているのかな?
 

c0195134_10393698.jpg

c0195134_1044350.jpg
c0195134_10442318.jpg






思いっきり、のんびりしたところで、桜咲く浮見堂へ。
もう、この景色だけで…。春を堪能。言葉はいりません。

[PR]
by rojiuratanken | 2009-04-01 10:19 | 奈良&京都 | Comments(0)

春の奈良② -春日大社の巫女さん

c0195134_0214489.jpg
c0195134_022792.jpg
春の奈良を訪れました。
春日大社の巫女さんの衣装は、とても美しく見入ってしまいます。
まず目をひくのは頭に挿した藤の造花の挿頭(かざし)。古くから、挿頭(かざし)には花や木を折って髪や冠に挿すことで生命力を身につける呪術的な意味合いがあったのだとか。襟元は、紅白に幾重にも重ねられており、まるで十二単のようです。
そして、束髪につけられた三輪の銀色の髪飾りの後姿も美しいですね。

[PR]
by rojiuratanken | 2009-03-31 00:15 | 奈良&京都 | Comments(0)

春の奈良① -春日大社

c0195134_23295956.jpg
春の奈良を訪れました。
早起きして、春日大社をお散歩。参道を進んでいくと清浄な空気が体を包み込み、自然と背筋がぴんとのびてきます。

お参りした後、春日山に広がる原始林を歩きます。







続きを読む
[PR]
by rojiuratanken | 2009-03-30 23:25 | 奈良&京都 | Comments(0)

奈良のお水取り(修二会)

奈良のお水取りがはじまりました。
c0195134_22363520.jpg


続きを読む
[PR]
by rojiuratanken | 2009-03-01 22:31 | 奈良&京都 | Comments(0)