ライター:雨宮みずほ     きもの好きが高じて2011年4月に『東京きもの案内』を出版しました。園芸や日々の出来事などをゆるゆると綴っています。記事内容の転用、写真の使用はご遠慮願います。


by rojiuratanken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

著書『東京きもの案内』のご購入はこちら

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
園芸
建物
歳時記
手仕事
銭湯&温泉
農園
奈良&京都
日々
アート
未分類

タグ

(221)
(143)
(120)
(79)
(56)
(53)
(42)
(35)
(30)
(29)
(28)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

最新の記事

5/8はゴーヤーの日
at 2017-05-08 10:41
あっという間に桜も散って
at 2017-04-10 06:23
「ひとえ」の正解
at 2017-03-07 11:23
2月が。。。。
at 2017-02-28 14:05
今年も干しています。
at 2017-02-08 10:13

画像一覧

「日本人の歩き方」日本舞踊山村流 VS からだのメソッド

今回、着物好きの方々にオススメのイベントを開催します。まだ、席に若干の余裕がありますので、ご興味のある方は、ぜひご参加くださいませ~♪

………………………………………………………………………………………………………………………………

着物をはじめると、着付け等々いろいろな疑問や難問がわいてきますが、歩き方もお悩みのひとつ。自然と美しい歩き方、立ち振る舞いの仕方とは?
『たたずまいの美学』や『日本人の坐り方』等の著書で日本人の歩き方や坐り方、衣服や建築などを、日本古来の身体技法から研究を続けている矢田部英正さんが、舞踊家の山村若静紀さんをゲストに迎え、様々な角度から考えます。

テーマ「日本人の歩き方」日本舞踊山村流 VS からだのメソッド
日時 2012年9月12日(水)19:00~21:00

第1部 レクチャー「和式と洋式の歩き方について」矢田部英正(日本身体文化研究所
第2部 実 習 「日本舞踊と下駄の歩き方」山村若静紀(日本舞踊山村流師範)
第3部 対 談 「日本人の歩き方について」山村若静紀 × 矢田部英正

ゲストの山村若静紀さんは、人気の着付け教室『キモノスイーツ』を主宰される着付けの先生であり、日本舞踊山村流の舞踊家としてもご活躍されています。今回は、日本舞踊山村流の立場から、着物での立居振舞いの基本を語っていただき「日本人の歩き方」について、さまざまな角度から考えます。

第2部では、山村さんが舞を一曲舞われた後、すり足や二枚歯の下駄での実習を行います。
※ 実習に参加ご希望の方は二枚歯の下駄を持参下さい。(見学のみも歓迎です)


参加費¥3,000
会 場:新高円寺アトラクターズスタジオ
住 所:杉並区高円寺南2-7-1 拓都ビルB1F
お申込先は、こちらまで:info@corpus.jp http://www.corpus.jp/info.html


当日は、私もお手伝いとして参加しております。どうぞお気軽にご参加くださいませ(^^)





========================================
<追記>
当日は、多くの方にご参加いただき盛況のうちにイベント終了することができ感謝申し上げます。
イベントでは、山村さんの上方舞に参加者一同がうっとり。参加者の皆さんとすり足の仕方や二枚歯の実習やお二人の対談では、着物の着こなしから下着といった話などなかなか内容の濃いトークが展開しました。

じつは、この企画、私自身が矢田部先生の講習会に参加していたことがきっかけでした。矢田部先生が主宰されている「からだのメソッド」講習会では、メソッドのひとつとして洋式と和式の2種類の歩き方を提案されています。洋服と和服では、体の重心の置き方、履物も違う。であれば、洋と和の2種類の歩き方を習得することで、より美しく健康な歩き方になれというメソッドです。

この内容を、たまたま、山村さんにお話ししたところ、これは興味深い話ですねという話になりました。山村さんは、毎日を着物で生活されていますし、日本舞踊の所作、歩き方のプロです。であれば、「身体技法」、「日本舞踊」それぞれの立場から歩き方を考察し、対談していただければ面白いのでは? ということがきっかけとなり、今回のイベントとなりました。

当日は、歩き方の講習もということで、劇団の夢現舎さんにご協力いただき新高円寺アトラクターズスタジオをお借りすることができました。

イベントには、きもの好きの方から矢田部先生のご著書に関心のある方、俳優さんなど様々なジャンルの方が、集まりました。きものというジャンルだけではなく、異分野の人々が交流する場となったことで、それぞれの立場の意見が交換され、とても有意義な内容となりました。

ご参加いただいた皆さん、ゲストの山村若静紀さん、新高円寺アトラクターズスタジオを提供してくださった夢現舎さん、そしてイベントを主宰してくださった矢田部先生ありがとうございました。
[PR]
by rojiuratanken | 2012-09-04 12:10 | 着物 | Comments(2)
Commented by はごろも at 2012-09-20 00:08 x
初めてコメントいたします。先日はありがとうございました。
とても有意義な講座でした。きっかけをありがとうございました。
「着物暮らしはごろも」のブログにリンクとご紹介させてくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by rojiuratanken at 2012-09-20 10:41
こちらこそ、ご参加いただきありがとうございました。また、ブログにも、ご紹介いただきありがとうございます。
きもの好き、和の文化に興味がある方々が出会うことで、皆さまのご縁が繋がっていくとうれしいです(^^)